趣味

2012年5月28日 (月)

フジコ☆ヘミング

土日も休まず仕事してる相方もこの日はお休みを取り、

一緒に出かけた先は・・・、

Fhm1

この地方の人なら誰でも知っている、この風景どころ。

ちょっと早めの夕食してから、行ったのは、



イングリット・フジコ・ヘミング ピアノソロリサイタル



名古屋でのソロ演奏は、3年ぶり。

Fhm2

フジコさんと言えば、生粋の愛猫家。勿論、愛犬家でもあります。

ピアノは、「猫達を食わせていくための道具ね」と言う程。

愛護家として長らく援助を続けてるところは尊敬してしまいます。

dog shine cat 

Fhm6_3

前もって、YouTubeでこの日の演奏曲、フジコさんの“ラ・カンパネッラ”を予習。

ついでに、ノブ君の同曲も聴いてみると・・・・ ~note

何で同じ曲なのに、全く別物に聴こえるんだろう??

・・・・でした sweat02

Fhm3

でもナマの演奏は、“魂の音楽を奏でるピアニスト”と言うだけあり、

とっても熱い迫力のあるピアノの音色が耳に残る演奏でしたshine 

熱烈なファンの多さにも驚きでしたが smile

フジコさんも79歳・・・。

いつまでもお元気で、これから何度も名古屋へ来続け演奏して欲しいワ confident 

2011年12月16日 (金)

東山荘☆にて

3年ぶりに名古屋の東山荘にて行われた、『花まゆ展』へ

ご近所仲良しのはなもなさんをお誘いし行って参りました。

Tzn1

名古屋の茶人たちにことのほか重宝されている公共貸席である、

Tzn2

東山荘。

pencil綿布商伊東信一の別荘(大正期)で、昭和11年に名古屋市に寄贈され、

門と塀は名古屋市都市景観重要建築物等に指定されている。

庭園から見る東山荘も雰囲気も情緒があって素敵でした。

Tzn3

今回の作品展(室内)は、撮影禁止 camera ng

Tzn4

展示品は、東海3県の講師&生徒の方々の力作。

興味のある方は、10月に行った富岡製糸場の話題で作品が少しだけ

見られます→こちら

Tzn5

この和と花まゆの作品とは、とっても雰囲気が良く合い間って

Tzn6

素晴らしかったです。

ぺ~・ぺ~生徒のめろママですが、高等クラスのスゴイ作品を拝見し、

とっても勉強になりましたshine

2011年12月14日 (水)

コレが☆こうなる


先日、話題にした、コレの続き。

Kbd1

ここまで出来上がるのに、

Son2

せっせ、せっせと、あみあみ、あみあみ・・・・・・・。




そして、



こうなるflair

Son1

コースターshine

2011年11月26日 (土)

新し☆いろいろ

最近は、あまり話題にしていなかった、紙バンド。

愛岐トンネル群へ出かけた日の午後、はなもなさんに、新しい編み方を

教えて貰いました。

そして、この日は、ココまで↓motorsports

Kbd1

さて、完成すると、コレは何になるでしょう? ~~つづく~





そして、ド~ンっとダンボールで届いた、“タイルマット”、150枚。

Ntm1

そう、随分前<→こちら>、フローリングの滑り避けの為に購入した数は、2箱(300枚)。

何故、またまた追加購入したかと言うと、このタイルマット。

今秋から改良され、床暖房のフローリングへも使用できるようになったのですshine

マット部分は変わらず、裏の粘着材が変わっただけ。

Ntm2_3
【左側が旧商品。    右は、改良された新商品】

Ntm3

この粘着材の幅の広さで新旧の違いがわりますネ。

Ntm4

『にゃっsign01


マット事態の色味や素材は変わらないので、我が家は、床暖房部分のみ、

改良品へと張替えました。

使用中のタイルマットがテロテロになったら、徐々に切り替えていこうと思いますconfident

2011年10月 7日 (金)

富岡製糸場☆の旅~その3

さて、富岡製糸場『花まゆ』展への見学ですよ。

Tor19 

繭倉庫だった会場は、何とも趣のある雰囲気。

Myt4_2

その趣と光の加減で、花まゆの作品も素晴らしく、

Myt2

実際の大作を目の当たりすると、はるばる富岡まで来たかいがありました。

Myt1_2 

いくつもの作品の中の1つ、

Myt3 

『ホープ(希望)』。

会員473人の力作です。

この中の何処かに私の作品(1/473)も含まれてますcoldsweats01


*館内は撮影禁止ですが特別に撮らせて頂きましたcamera


見学後は、『ブリュナ館』にて富岡製糸工場所長による講演会。

Tor9

ボランティアスタッフによる場内の解説・見学と濃~いスケジュール。

終了後は、館内のお土産屋さんで少しだけお買い物moneybag




駐車場までの帰り道、出発までまだ30分あると聞きつけためろママflair

行きの製糸場までの徒歩道中に見つけていた、ココに立ち寄りました。

Myt8

CAFE DROME(カフェ ドローム)』。

Myt5

明治8年の古民家だそうです。

Myt7

外観も店内も、アンティークでとってもお洒落なカフェcafeshine

店の奥にあるシルクショップの商品もとってもセンスが良いものばかりshine

ここで、母へのストールと自分用のハンカチーフを購入しましたmoneybag

Myt6

お店の前の看板見て笑ったプリン“そこがみそ”とカフェラテ。


このプリンのカラメルソースは甘みのある“味噌”。

そのまま、“そこがみそ(底が味噌)”のネーミングsmile

よく混ぜて食べると、コレが美味し~~~いshine


短時間の立ち寄りでしたが、とっても良い休憩になりました。


        maple富岡製糸場☆の旅~その4mapleへつづく

2011年7月18日 (月)

今年の☆初咲き

去年の夏、我が家にやってきた、“ティアレ”。

多少葉っぱが落ちてしまいましたが、日本の冬を無事に

越してくれましたsnow



7月に入り、つぼみらしきモノも付いてきましたよ~。

Kta3

7月3日

Kta4

7月15日

Kta2

7月17日 早朝。

もうそろそろ開花しそうだワ、と思っていたら・・・。

Kta1

この日の午後に、今年お初のティアレ、開花shineです。

今年もこの真っ白で可憐なティアレの香りを楽しめました。

まだ幾つかつぼみが付いているので、暫くの間、開花を

楽しめそうですconfident

2011年6月 9日 (木)

木もれ陽☆作品展

ご近所仲良し、もなかちゃんの飼い主、はなもなさんにお誘いを受け、

貸しギャラリー併設のカフェ『木もれ陽』さんへ行ってきました。

Krf1_2

この日は、はなもなさんが通われている紙バンド教室の作品展中。

作品は、撮影禁止なので画像はありませんが、と~っても素敵な

Krf4

作品ばかりで、驚いてしまいましたshine




鑑賞後は、素敵なテラス席にて、ティータイム。

Krf2

こちらのカフェ、とっても落ち着いた素敵な雰囲気。

Krf6

テラス席もお洒落です。

Krf5

ペットは可か、不可かは不明。

静かで、落ち着いた素敵な雰囲気のカフェなので一人で読書や

友人とゆっくりしたい時に利用したいですネ。

Krf3 

そう、何だかとっても大切にしたい空間のような・・・。



素敵な作品展に、お洒落なカフェへのお誘いを

ありがとうございました、はなもなさんconfident


cafe 木もれ陽

愛知郡長久手町大字長湫字野田農106-2
telephone 0561-61-1150
営業時間 10~18:00  定休日:月・火曜日

2011年5月26日 (木)

レター☆Box

またまた、はなもなさんに紙バンドを教えて貰いましたshine

Rti1_3

レターBox。

左は、一緒に作ったもの。

その作り方を忘れるといけないと思い、その日の夜に、

もう一度、同じものを作ってみました(右側)。

出来上がって良く確認すると、間違えているところもあったり・・・coldsweats01

ダメだわ~。

こんなところで老化現象してるって思い知らされますbearing





リ~ちゃん、ウリウリ~っsign01

Rti2_3   

『な~~~っheart04

2011年5月14日 (土)

いけばな☆芸術展

67流派588名のいけばな界指導者が創作した

Cnc1

中日いけばな芸術展”へ母と行ってまいりました。

今日は、後期初日。

すご~い・激混みwobbly


帰り道、

『もし、次回行くときは、平日に行こうよ~despair

と話す母と私think

Cnc22

Cnc23

Cnc4_2 

Cnc10   

Cnc12

Cnc7

Cnc6_2 

Cnc13_2

Cnc5 

Cnc2

鑑賞後は、久~しぶりに、

山本屋総本家”へ。

Cnc15

かしわ入り味噌煮込み、食す。

この独特な麺の固さがまた良いですshine



少しお買いモノして、デパ地下へ移動。

甘いもので休憩~note

Cnc16

抹茶ソフト。

Cnc17

母は、お奨めプレートセット。


ホント、慣れない人ごみは疲れましたsweat02


Cnc21_2 

『リ~ちゃん、今日は、留守番にゃんdown

ごめんよ~、リ~ちゃんsmile

留守番、ありがとね~。

2011年4月15日 (金)

キャンディBox☆作り

ハマリつつある、紙バンド作り。

ワンパターンだけど、“スクエア”型を作り続けてる、めろママ。

それを見かねたのか?

いや、きっともっとその楽しさを紹介したいと思われたのか、

「キャンディ入れを作らない?」

と我が師匠、はなもなさんからお誘いを頂きました。



はなもなさん宅にて、お見本拝見eye

Gdy2_2   

はなもなさんの可愛らしいピンク系のキャンディ入れshine


めろママは、何色の紙バンドで作ろうかと迷いつつ色を決めて、

作り始めます。

Gdy4
     【手前、作り途中のカゴ】

結局、あと少しで完成でしたが夕方のお散歩の時間になってしまい、

時間切れwatch

続きの作り方を伝授してもらい、残りは自宅にて。




Gdy7

そして、完成した“キャンディBox”delicious



後日、はなもなさんに見てもらい、

「very goodsign01

評価いただきました。

いえいえ、師匠のご指導の賜物ですshine

ありがとうございました、はなもなさんconfident




風邪で大人しくしてた間に、ぼちぼち作っていたもの達。

“スクエア”型の大きさ違い。

Gdy3

右側の茶とピンク系の組み合わせ、通称、「バレンタインheart01」と勝手に

呼んでます。



そして、“スクエア”型の少し深めタイプ。

Gdy6

こちらは通称、「抹茶ミルク」、「抹茶」japaneseteaと勝手に呼んでます。



相方、

「天井まで積み上げるの?」

と重ねて置いてあった、“抹茶”達みて一言。



はははっ、流石にそこまで沢山は作れないよ~smile




しかし、気が付けば紙バンド、どんどん種類、個数が増えてるsweat02

Gdy8

はなもなさんにおすそ分けして貰ったのも含まれてるけど、

ついつい購入したり、気に入った色は再度購入したりmoneybag




でもね、この紙のテープが丈夫な作品へと変わっていく工程。

やっぱり面白いワ~happy01

様々な色合いを変えたり、合わせたりして作るのも楽しいしねnote