文化・芸術

2012年12月16日 (日)

辻井伸行☆日本ツアー2012/13

晴天の冬の日sun
 
Nnt4
 
この地方に住んでいる方なら誰もが知っている風景を横目に。
 
愛知県芸術劇場のコンサートホールへ。
 
Nnt1
 
辻井伸行日本ツアー2012/13”へ行って参りました。
 
前回のツアーはモーツァルトとベートーベンの素晴らしい演奏でしたが、
 
今回は、
 
Nnt6_2
 
ドビュッシーとショパン。
 
Nnt2_2
 
今回の席は2階席正面、鍵盤が見える側。
良席だけど、昨年よりチケット入手が難しくなってきた感アリ。
年々、彼への注目度が大きくなってきたせいでしょうね。
 
この日の演奏もスバラシ〜ッshineでした。
 
Nnt3
 
“花は咲く”の合唱演奏で紅白出演が、この日、正式に決定したとの
報告もあり、アンコール曲の最後に演奏note
 
今回も感じたのは、やっぱり、ちゃんと生で聴かないとダメだな〜。
と、コレにつきます。
 
五感への刺激が、全然、凄いです。
 
次に聴く予定にしてるのは、4月公演の佐渡裕さん指揮の
“BBCフィルハーモニック日本ツアー”での演奏。
既にチケットは確保済みなので、とっても楽しみですconfident
 
 

2012年11月25日 (日)

愛岐☆トンネル群へ〜2012編

産業遺産の旧国鉄中央線の愛岐トンネル群へ行って来ました。
 
Fit9
 
去年に引き続き、2回目。
相方がこの時期に居たので、折角なのでのお出かけです。
 
前回のはなもなさんとご一緒した時の話題は、→こちら
 
この特別公開の説明は、去年の話題で触れてるので省略〜っhairsalonannoysmile
 
Fit2_2
 
去年との違いは、とにかく、とにかく・・・・、
 
Fit7
 
人が多いっsweat02
 
ここは、栄の地下街かっsign02
いや、それより多い気がしましたsweat02
 
それもそのはず。
この日の入場者、6日間の公開日最多の6892人でしたwobbly
普段は静かな無人駅の定光寺駅周辺に・・・、
 
 
6800人越えですか〜〜っsign03
 
 
驚きですsweat02
 
 
Fit8
 
今年は、紅葉の時季とタイミングが良く、天気も良くて。
 
Fit4
 
trainにゆられ、近場の自然に囲まれ、
今は使われていない廃線あとを歩くのも・・・、
 
Fit5
 
良いけどshine
 
こんなにも大賑わい、大人気とは驚きでしたよ。
 
Fit9_2
 
でも驚いた変化は、この公開日しか立ち入れない空間。
階段や山道の整備が随分、進んでいました。
 
 
Fit3_2
 
去年は、苦労した最初の青い鉄扉からの階段もなだらかな昇りに
なっていたり。
 
Fit14_2
 
歴史的に珍しい箇所には、説明してくれる係の人がいたり。
 
保存再生委員会の人たちの日々の努力が伝わってきますconfident
 
Fit10_2
 
帰路は、去年は無かったハイキングコースがあったのでそちらへ。
 
Fit12
 
ごった返していた廃線道とはうって変わって、こちらは静かな山道。
 
Fit13_2
 
庄内川のすぐ横をえっちらおっちらと歩きます。 
 
う〜ん、紅葉台登山を思い出しますね〜coldsweats01  
その話題は → この辺り
 
 
Fit11
 
途中で、こんなスゴイ曲がり方をした木に驚きつつ、
 
Fit15_2
 
去年とはまた違った楽しさを感じましたよ〜delicious
 
天気も良かったし、良い運動になったし、紅葉も楽しめて、
良い休日になりましたshine
 
 

2012年5月28日 (月)

フジコ☆ヘミング

土日も休まず仕事してる相方もこの日はお休みを取り、

一緒に出かけた先は・・・、

Fhm1

この地方の人なら誰でも知っている、この風景どころ。

ちょっと早めの夕食してから、行ったのは、



イングリット・フジコ・ヘミング ピアノソロリサイタル



名古屋でのソロ演奏は、3年ぶり。

Fhm2

フジコさんと言えば、生粋の愛猫家。勿論、愛犬家でもあります。

ピアノは、「猫達を食わせていくための道具ね」と言う程。

愛護家として長らく援助を続けてるところは尊敬してしまいます。

dog shine cat 

Fhm6_3

前もって、YouTubeでこの日の演奏曲、フジコさんの“ラ・カンパネッラ”を予習。

ついでに、ノブ君の同曲も聴いてみると・・・・ ~note

何で同じ曲なのに、全く別物に聴こえるんだろう??

・・・・でした sweat02

Fhm3

でもナマの演奏は、“魂の音楽を奏でるピアニスト”と言うだけあり、

とっても熱い迫力のあるピアノの音色が耳に残る演奏でしたshine 

熱烈なファンの多さにも驚きでしたが smile

フジコさんも79歳・・・。

いつまでもお元気で、これから何度も名古屋へ来続け演奏して欲しいワ confident 

2012年5月14日 (月)

ゴールドシルキー☆ピアニスト

個性的なCMが多い、サントリーのBOSSシリーズtv

その中の『シルキーブラックオーケストラ』編。


シルキー歌姫(松田聖子)とシルキー楽団員達が何とも不思議な世界で奏でてる、

あのCM。


Gcp03


多分今後、何かのCMへ出演するだろうと思っていたら、辻井君らしい・・・shine

この『シルキーブラックオーケストラ』のゴールドシルキーピアニストになってるっsign01


Gcp02_4
【HPよりお借りしました】


“Close to You”


彼のアレンジも加わっているそうだから、今後のコンサートでアンコール曲中でいいから

ナマで聞けたら嬉しいな~confident 





 

2012年2月19日 (日)

世界遺産☆「ヴェネツィア展」

行こう、行こうと思いつつ、忘れそうになっていた、

世界遺産「ヴェネツィア展」へ行って参りましたcardash

201202191246000_2 
【名古屋市博物館】

こんな催しには決まって借りる、

201202191249000

音声ガイド。

この音声ガイド、ナレーションははなまるで御馴染みの「岡江久美子」さん。

Bct1

そして、このヴェネツィア展公式テーマ曲は、

辻井伸行「ヴェネツィアの風に吹かれて」。

音声ガイドとこのテーマ曲を聴きつつ見学できます。

Bct2

結構、見所が多くて楽しめましたshine

2012年2月12日 (日)

鑑賞犬☆めろんくん

お昼寝、大好きな、めろんくん。

夜も静かにいつも寝てるのに、今夜は、耳を立てて、

じ~~~~っと聴き入ってるような、仕草eye

Ksk1

壁を見つつ、良く聞こえるように両耳を外側に立ててますear 


この日は、BSフジにて、

を鑑賞。

Ksk2_2

先月行った、彼の日本ツアー。

最初のアンコール曲は、『トルコ行進曲』。

スゴイ演奏でしたshine

Ksk3 

めろんくん、番組が終わるまで、眠らず耳が、“ぴんっ”状態coldsweats01



一方、リ~ちゃんは、

Ksk4

『にゃ・・・・・sleepysleepy



もしも、ワンコ同伴OKのコンサートへいくとしたら・・・・

さて、どちらといくか?



鑑賞犬・めろんくん?

静かに熟睡犬・リ~ちゃん?





う~ん、連れて行く価値のある、めろんくん。

静かにしていてくれる安心感の、リズ。

って、とこでしょうかsmile

2012年1月25日 (水)

辻井伸行☆日本ツアー

楽しみにしていた、辻井伸行の日本ツアー。

Tpc5



この日、姉夫婦と我が家・4人にて、行って参りました。

Tpc4

ここのコンサートホール、きっとどの席でも素晴らしい音響で楽しめると思いますが、

席は、ほぼ最前列coldsweats01

何だか、DVDの一場面でみてるような場所。




そんなことより・・・・、

冒頭、

“きらきら星変奏曲 byモーツァルト”

最初の1小説を聴いてear



驚いたっsweat02
coldsweats02




何で、こんな音が出せるんだろう?


Tpc3





ピアノって、こんな素晴らしくshine美しい音shineが出るんだ・・・sweat02





Tpc2_2

と、この↑、

『世界が驚愕する、“本物の感動”を体験する』のメッセージ通り、

驚愕しましたよ、はい。

2011年12月30日 (金)

年末年始☆の鑑賞

年末年始、相方は出張中で不在。

でも、ありがたい事に、出張前に窓拭きをしていってくれたので大助かりshine

珍~しく、年賀状の発送、大掃除(と、言ってもたいしてして無いけど・・・)、

正月用品の買い物も少しずつ済ましてしまい、何だか年の瀬の忙しさや

焦りを感じずに過ごしてます。



ホント、こんな年って珍しいです・・・smile



で、出張中は、用事が無い限り、メールもない相方から、メールが来た。



mailto『NHK、見てるtv?』


mailto『勿論、見てるよ~tv


大画面のステレオでっgood

Knc1

辻井伸行の“旋律よ殿堂に響け

見てるよeye、聴いてるよear

Knc2

彼が、世界最高峰の国際ピアノコンクール「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で

日本人として初めて優勝するという快挙を達成したのは昨年6月。

最高に、スゴイ演奏をした伸君notes



大晦日の今夜は、11月にサントリーホールにて行われた凱旋コンサートの模様が、

BS朝日で21時から放送されます。

元旦は、カーネギーデビューまでの特番放送もtv



めろママは、紅白より、コレだな。

2011年12月16日 (金)

東山荘☆にて

3年ぶりに名古屋の東山荘にて行われた、『花まゆ展』へ

ご近所仲良しのはなもなさんをお誘いし行って参りました。

Tzn1

名古屋の茶人たちにことのほか重宝されている公共貸席である、

Tzn2

東山荘。

pencil綿布商伊東信一の別荘(大正期)で、昭和11年に名古屋市に寄贈され、

門と塀は名古屋市都市景観重要建築物等に指定されている。

庭園から見る東山荘も雰囲気も情緒があって素敵でした。

Tzn3

今回の作品展(室内)は、撮影禁止 camera ng

Tzn4

展示品は、東海3県の講師&生徒の方々の力作。

興味のある方は、10月に行った富岡製糸場の話題で作品が少しだけ

見られます→こちら

Tzn5

この和と花まゆの作品とは、とっても雰囲気が良く合い間って

Tzn6

素晴らしかったです。

ぺ~・ぺ~生徒のめろママですが、高等クラスのスゴイ作品を拝見し、

とっても勉強になりましたshine

2011年11月24日 (木)

愛岐☆トンネル群へ

産業遺産の旧国鉄中央線の愛岐トンネル群の特別公開へ行って参りました。

公開日以外は普段は、立ち入り禁止地域。

因みに、ペットは入場不可ですng

2年前既にお出かけ済みのご近所仲良しのはなもなさんに、

お誘いnote + 道先案内coldsweats01sweat01

をお願いし、JR中央線trainで一緒に向かいましたよ~。

Agt17

JR定光寺駅、到着。

Agt14_2

看板に従い受付まで、歩きますよ~shoedashshoedash

見学料100円を受付で支払い進みます。

Agt5_2

・・・、



上へ登ります。



Agt4_2   

この青い鉄扉から上が、普段は閉じていて入れないんですね。

わっせ、わっせ、と、登りつつ・・・、

こんな時に、自分の体重の重さを思い知らされる~~~downsweat01

平日でしたが、朝から結構な賑わいでした。



“愛岐トンネル群”のご紹介 memopencil

庄内川沿いの渓谷に蒸気機関車の力強い鼓動が響き渡っていたのは、

今から40年以上も昔。

Agt10

愛知県春日井市の高蔵寺から岐阜県多治見市に向かう庄内川沿いに国鉄時代の中央西線(塩尻から東京までが中央東線)の廃線跡があります。

Agt6

この廃線は1900年に開通し、複線電化により新ルートに電車が通る1966年まで使用された後、庄内川の深い渓谷沿いの急峻なガケの人を寄せ付けない環境下、2006年に発見されるまで41年間うっとうとしたヤブの中に隠れて眠っていました。

Agt2

この「高蔵寺駅」と「多治見駅」間の8kmの廃線には、13基(建設時は14基)の明治期の赤レンガのトンネルが現存しています。
国の文化財に匹敵する全国有数の貴重な産業遺産を後世に残したいと保存再生委員会が設立されました。

Agt15

現在、地権者ご理解とご好意により委員会の市民の手で愛知県側の現地開拓と調査、そして保存研究が進められ、長年の眠りから蘇った3号から6号まで1700m余りの廃線とトンネルが見つかっています。

Agt9
【愛知県下No.1の三四五のモミジ】


半世紀余りの間に軌道上には、樹木が生い茂り、特に数百本もの実生モミジやツバキ、野フジが咲き乱れるなど豊かな植生の自然林が創られ、近代化遺産群と自然が共生する全国でも大変珍しいエリアへと変貌しています。
(トンネル群と廃線より)

Agt1_3 

今年の紅葉には少し早い感じでした。

Agt3 

でも今週末くらいには、見ごろかもmaple

Agt19

pencil こちらのトンネルのレンガは、もっとも強度が優れてる“イギリス積み”。

  10月に訪れた“富岡製糸場”のレンガは外観上優れてるが極めて稀な

  “フランス積み”です。

Agt7
【6号トンネルの出口】

ここで県境で折り返しです。

紅葉は無くとも、使われていない暗~いトンネルを歩いたり、

Agt8

もの珍しい風景や

Agt18_3   

自然。

Agt13
【三位一体の木】

見所は多くてshine

自然に触れるとっても良いお出かけになりましたconfident

Agt12

ご一緒して頂いた、はなもなさん、ありがとね~papershine