« 完成したらしい・・・☆ | トップページ | 今年も☆その名は・・・ »

2012年3月14日 (水)

新調☆迷子札


現在も福島の警戒区域にて残されたペットの保護活動している星さん曰く、



保護された動物で、飼い主の元に帰れたのは1%にしかかすぎません。
Even among the rescued pets only 1% of them could return their home.

そして、折角助かった動物の9%も、飼い主不明のまま、
里親の元へ行くことになりました。
Among 9% of them went to new home without kno...wing their real home.

災害時には、マイクロチップは何の役にも立ちませんでした。
Microchips are necessary for pets in a case of an emergency.

愛するペットの為に今しておくべきこと、住所と名前、連絡先のあるIDプレートを
ペットが身に着けることが一番確実だというのが、HOSHI FAMILYの出した結論です。
HOSHI FAMILY concluded hat it is important for pets to have ID plates with their name, address and contacts.

星さんのFBより



確かに、マイクロチップで飼い主の情報を確かめるには、読み取り用の機械が必要。

その保護した動物を読み取り機がある処へ連れて行く労力と時間のロス。

そして、データ(登録番号)から飼い主情報を照会して・・・・と言う作業。

幾つもの手間をかけて飼い主さんが判明する。

読み取り機の当てる場所によって、読み取れない場合もあるって言う話しもあるらしいし。

その前に・・・、

保護した初期段階にマイクロチップが挿入されているのかどうか?の判断って、

いったい、どうやって分かるの??



自分が、迷い犬を保護した時を想像してみて下さい。



そして、大震災時、行政機関より早く行動し、そして最前線で動物保護活動を

してるのは、民間のボランティアさん達です。


少し考えただけでもいかに“迷子札”の重要性が分かってくる。

誰にでもすぐに、そして早く、飼い主の情報が分わかるんですものね。



まあ、一番良いのが、迷子札+マイクロチップ?

そして、マイクロチップ入りのコの迷子札には、

“マイクロチップ挿入済み”

の文字を入れると尚、良いのかも。




そんな上等な事言いながら、我が家のぱぴぱぴの迷子札・・・・sweat02

もうスレスレの文字は消えている状態っcoldsweats02

Mgf3

しかも、コレったら、この時に無料でめろママが作成したもの。

もう、2年も経ってるし、やっぱりタダモノ。

耐久性を求めちゃダメですね。




こんな、役に立たないものを付けていては、ぱぴぱぴに申し訳ないっbearing

色々調べてpc、“ぽちりっ”しました。




で、届いたのがこちら。

Mgf1_2

表は、ネームとパピヨンシルエット、携帯番号とめろママの苗字。

文字フォントは、ローマ字等色々あったけど、

あえて、ご老人にもお子様にも分かりやすい

“ひらがなの日本語pencil

Mgf2_2 

裏は、犬鑑札ナンバーと登録都市、そしてめろママの住所。




これで、

どうだっsign03

と言うほどのバリバリ個人情報大公開札coldsweats01



少し抵抗もあったけど、よくよく考えると、この小さな札の文字なんて、

ちゃんと凝視しなければ読めませんからねeye

しかも、ぱぴぱぴ、お外でじっとしている事なんて、滅多にないし。

読めないっ、見えないっ、気にしない、気にしないsmile



こちら、好きな文字を入れて刻印してくれるから消える事も無く、

金具と擦れてカラカラと音も無く、軽くて、とっても優れものでしたupgood

お出かけリードの方にも追加注文しようかと検討中です。

Mgf4 

早速、装着っshine

« 完成したらしい・・・☆ | トップページ | 今年も☆その名は・・・ »

お買い物」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事