« 太田康介写真展☆のこされた動物たち@名古屋 | トップページ | これからの写真展☆予定 »

2012年2月24日 (金)

太田康介☆写真展☆のこされた動物たち@名古屋

愛犬家&タヒチ大好き繋がりの anapanapaさん から教えて貰った、

太田康介さんの写真展、

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

へ行って参りました。

058ac2f2_4   

本当は、初日に行きたかったけど、今週は体調が思わしくなくて。。。



今日も迷った末に、

「よいしょっsign01

っと、起き上がりつつ、

「行かねばっsign01

と意気込みながら出発。



それくらい、“行かない”と言う理由が思い浮かばない写真展だと思います

Sst4

場所も栄の ど・真ん中。

地下鉄subway「栄」8番出入口となり、大津沿いメガネ屋さんの2階。

方向音痴の人でも、多分・・・、たどり着くところだし。

Sst3_2

11:00~19:30(最終日のみ17:00)まで開催してるから、

買い物や仕事帰りでも十分間に合う時間帯。

Sst5

全ての写真には、シャッターを切った時の太田さんからのメッセージがあります。

その文字は大きめ、そして全ての漢字にはふりがな。

年配の方から、そして、お子さんにも・・・・。

一人でも多くの方に、福島の現状を知って欲しいと言う思いが伝わってきます。




隣で見ていた女性は、途中から

「シクsweat02、シクsweat02、グズッ、グッ・・・sweat02

と、涙ながらに一つ、一つ、写真とメッセージを読んでます。




めろママもね、周りに迷惑じゃなかったら、

嗚咽しながら、泣きながら、見たかったですcrying

ボックスティッシュ抱えながら、見たかったですcrying




泣き始めたら、それこそ係りの人に抱きかかえながら退場させられるような状態に

なりそうだったので、ここは、ぐっと我慢して・でした。



ごはん(餌)のお金と福島原発圏内から保護したコ達の医療費の為の募金箱へ

お金を入れる時に・・・・、

めろママ、幻覚が見えましたwobbly

体調が悪かったせいもあるかもしれませんsweat02




募金箱の入り口へお金を入れようとしたら、

めろママのその手先に、たくさんの 

taurusや馬horse、豚pig、犬dog、猫cat・・・たちが、

お水を飲むような仕草でパクパク、ペロペロしてる。

そして・・・、




「もっとちょうだいsign01 もっとちょうだ~いっsign03




と、言っているのですdespair

ごめんね、ごめんね、めろママ一人のわずかな寄付金だけど、許してねweep

と、心の中で思いつつ、ギャラリーを後に。




あれは、何だったんだ?

未だに、よく分からないけど、やっぱり、体調が悪かったからかな?

しかし、福島の原発20キロ圏内では、多くの犬や猫達が飢えと渇き、寒さに耐えながら

今でも飼い主を待ち続けているのは事実です。





太田さんの他にも、以前にも話題にした星さん

今でも福島第一原発20キロ圏内で見捨てられた動物たちの保護活動をしています。

太田さん同様に星さんも、この保護活動の最前線にいる方ではないかと思います。


HOSHI FAMILY 公式
Face Book  福島原発被害の動物たち

見捨てられた命を救え3・11アニマルレスキューの記録』(社会批評社)

メディアにも取り上げられない現状を伝え続けてます。

« 太田康介写真展☆のこされた動物たち@名古屋 | トップページ | これからの写真展☆予定 »

ペット」カテゴリの記事