« クリスマス☆準備 | トップページ | 今年のファンだワ☆かんてんぱぱ »

2011年11月21日 (月)

パブリックコメント急募☆後半



    flair 動物愛護法改正のバブリックコメント後半の募集は終了しました。
    このブログをご覧になりご協力頂いた皆様に感謝いたしますconfident




動物愛護法改正のパブリックコメント後半の募集がはじまりました。

拡散希望!このブログの文章好きにコピーして下さい。


募集締切は、

平成23年12月7日(水)必着

です。



パブリックコメントは、法律の制定や改正の際、国が国民に意見を聞く制度です。

動物愛護法改正は、5年に1度のチャンスです。



一人でも多くの方の意見を届けて頂けませんか?



今回のパブリックコメントは、2つあります。

① 動物愛護法そのものに関する事項(罰則の定義、罰則の引き上げ等)

環境省:「動物愛護管理のあり方について(案)」

② 法律の改正をしなくても施行令の改正ですぐに実行できる事項

環境省:「動物愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要



①は、8月に行われた“動物取扱業”に関する事項以外についての意見募集で、

動物虐待、実験動物、犬猫の引き取りや収容施設のあり方や災害対応等、今回の

法改正では必ず改善させなければならない、とても重要な内容です。


②は、8月に行われたパブリックコメント「動物取扱業の適正化(案)」を踏まえた

動物愛護管理法施行令等の一部改正に関するもので、動物取扱業への追加、

深夜の動物展示の禁止といった内容が含まれてます。



前回のパブコメもそうでしたが、何を問われているのか?何故?どのような問題が

起こっているのか?を調べて行くと、全てにおいて何ら改善、意見が必要な内容です。

パブコメは、署名してただ提出するものではなく、意見を提出するもの。

その分、当たり前ですが、問われている内容を十分理解する必要があります。



しかし、難しく考えず、一人でも多くの方に意見を提出して頂きたいです。

ペットは、大切な家族と思っている影で、沢山の小さな命が失われ傷ついている事に

どうか、目をそらさないで下さい。



日本は、『“ペット途上国”だっ!』、という考えを少しでも変えて行きましょう。



時間が無いワ、文章を考えるの面倒、文才が無い、意見したいけど

提出する方法が分からない方は、下記のリンク先を参考にして下さい。

そのまま意見案をコピーして提出するもよし、ご自分の意見を加えて提出するもよし、

賛同する意見をチェックするだけの団体を通してするもよしです。

flairNPO法人地球生物会議ALIVEさん
 ・・・15年以上日本の動物のあり方を見守ってきたALIVEさん。
    
とても参考になる2つのパブコメ意見案アリ。分かりやすいHPです。


flairジュルのしっぽ-猫日記-
 ・・・そのままコピーOKの意見書アリ。ご自分の意見を加えるなり変更するなり提出して下さい。
    前回のパブコメから提出方法や意見等、大変参考になるジュルさんのブログです。



flair公益財団法人どうぶつ基金
 ・・・を通しての“2分でOK!動物の法律改正パブコメ”、携帯からも可能です。
    2分で終わります。お忙しい方にオススメ。

  




   pencil 前回の「動物取扱業の適正化(案)」についての

      バブリックコメントの結果(集計結果)が公表されました。

« クリスマス☆準備 | トップページ | 今年のファンだワ☆かんてんぱぱ »

ペット」カテゴリの記事