« 掃除機☆がきた~っ | トップページ | 今年の☆イブは・・ »

2009年12月23日 (水)

散歩☆での出来事☆前編

先日の日曜日。

いつもと変わらない夕方のぱぴぱぴのお散歩。

いつもめろママは、車の往来のなるべく少ない住宅街の道を

選んで歩いています。

そして、ある住宅街の角を曲がると・・・・・、


うんっsign02


30mくらい先の道の端に、布団かな~?マット?

白い丸く山になっているモノが落ちてます。

めろママ、視力があまり良くないのでボ~っとしか見えません。

その物体をじっと凝視しながらテクテクとゆっくり歩いて行く

うちにそれが何んなのか見えてきました。

そして、歩く足取りが自然に早足になって行きます。

その物体は、いや、それはおじいさんでした。

おじいさんが倒れていたんです。


めろママ、近くへ行くまでの間に一番に考えたのは、

『ヤバイ、携帯電話を持っていないっsign03

でした。

最悪、誰かに助けを求める事になった時の携帯電話っ。

でも、住宅街なのでいざとなったら、近くの民家へ駆け込めば

大丈夫か~と。


おじいさんのところまで行き、様子を見ると、うつぶせで倒れ、

片手は通りの左端の溝に手を入れてます。

側溝のフタには血液が三、四滴ほど付いてます。

これは、車にひき逃げされた?

それとも転んだ?

それとも血を嘔吐した?

・・・それにしては血の量が少な目だし・・・。



と、時間にしたら多分、1、2秒くらいで考えれる状況を

頭の中で巡らせました。


『おじいさんっsign01 おじいさんっsign03

と、めろママ、大きな声で呼びかけました。

勿論、体には触れず。

頭を動かさない方が良いと思ったからです。

『おじいさんっ、どうかしたの~~?』

と、3度目くらいの呼びかけで、そのおじいさんが気が付き、

ゆっくりと、うつ伏せ状態から顔をめろママの方に向けました。

意識があることに先ず、ほっとしましたsweat02


『大丈夫? どうしたの?おじいさん?』

とめろママ、ゆっくり、はっきり、大きな声で、そして

なるべく優しい声色で聞いてみると。

おじいさんは目を細めて、

『大丈夫、大丈夫・・・・。』

声は、ゆ~っくり小さいけど、でもはっきりと聞き取れます。


め:『こんな道端で寝ていて、大丈夫じゃないよ~。

   どうしたの?

   ほら、血が付いてるよ~。どこか痛くない?』

首元、両手には血が付いてます。

おじいさんは、出血している事に気が付いていない様子。

この会話中、めろママはおじいさんの体中の様子や顔色、

出血の元が何処なのかを目だけを動かしてチェックeye



お:『おお、かわいい犬だね~』

めろんくんは、こんな時でも愛嬌は忘れず、尾っぽを振って、

おじいさんを見てます。

そして、めろんくんを触ろうとゆっくりと起き上がりました。

アスファルトの上だけど、まるで家で寛いでいるみたいに

ゆったりと座ってます。


首に付いた血液のあとを見ながら、後頭部を見ると

2cmくらいの切り傷がパックリ2箇所、開いてました。

コレだっsign01

でも、傷口からの出血は止まっている様子。


め:『おじいさん、頭の後ろ、切れているけどどうしたの?』

お:『うんっ・・・・・sign02

おじいさん、自分の両手に血が付いているのもあまり

分かっていない様子。

お:『ちょっと・・・・・・、お酒を飲みすぎちゃってね・・・・・。

   少しこうやって・・・・・・休んでいれば大丈夫・・・・。』

めろママ、酔っ払って転んだのかな?

頭打ってるし、いかんでしょ。大丈夫ではないぞ~。

と思いつつ、

め:『もうすぐに、日が暮れるし、ここで休んでいたら

   凍えちゃうよ~っcloudsnowsign01

お:『・・・・・・・・・・・大丈夫、大丈夫・・・・・・・・・。』

め:『おじいさん、お家はどこ?送って行って上げるよ

   それとも家の電話番号とか分かる?』

お:『う~~ん、途中までしか分からないな~。』

めろママね、この会話をしている時、丁度、トイプーを連れて

携帯電話で会話しながら散歩してる十代の女の子、

高校生くらいかな、横を歩いて行くのが見えたんですよ。

だから、この子に携帯を借りようかとも思ったんです。

しかし、一瞬、彼女、立ち止まったけど、そのまま素通り。

携帯で会話しながら、スタスタ歩いて行ってしまいました。


これって、どうよ?


そういえば、、この通りへ曲がろうとした時に車が出てきたのよ。

その車の運転手、おじいさんが倒れてた事を知ってるはずなんです。

だからめろママ、最初はこの車に引かれたのかと思ったくらい。

でも、ひき逃げして逃げるスピードじゃなかったので、多分

素通りしたんだと思います。

それを考えると、おじいさんはいつから倒れていたんだろう?

出血が止まっていた事からある程度、時間が経っていると

思うし。。。。

今って、人が倒れていてもみんな知らん顔なのかな~?

もし自分の父親や母親、身内が、外出先の街中で倒れても、

誰も知らん顔、いつまでも冷たいアスファルトの上で倒れた

ままだったと思うと、いたたまれないけどな~sad

それを思ったら、知らない人でもほっとけないし、声をかける

事くらいするけどな~think





さて、お酒を飲みすぎて倒れたおじいさんを見つけた

めろママとぱぴぱぴのお話は、

『散歩☆での出来事☆後編』

へとつづく~~confident

Mkn1

『ビタミンにゃんっshine

« 掃除機☆がきた~っ | トップページ | 今年の☆イブは・・ »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めろママさん、お散歩中にいろんなことに遭遇しますね。
私は、基本NO携帯なんですが、やっぱり何かあった時に
持っていた方がいいですね。

それにしても、人が倒れてたなんて驚きますよね。
でも、掛かわりたくない人が増えたのも悲しいことですね。

今の仕事、超ヤバイです。
また、遊べる日が近いかも・・・

めろママさんえらい~~~!!!
だってね、最近では知らん振りして通り過ぎていく人が多いんですよ。もしかしたら、そのことで一大事が救えるかも知れないのに・・・・・sweat02
一番ひどいのは無関心ってことですよ!
さ~~て、続きはどうなったのでしょう・・?
気になって眠れなくなっちゃうかも!

     tulip~お返事~tulip

 pen《はなもなさんへ》

ホント、私って散歩中にcatに襲われたりと色々ありますよね~wobbly
携帯電話、私も固定電話化してるのでこれからは忘れずにちゃんと携帯しなきゃって思いました。
でも、ついつい忘れるんですよね~smile

わたしもね、最初、何でこんなところにおじいさんが・・・って思いましたよ。
素通りする人にも驚きましたけどね。

お仕事、大変そうですねdespair
あまり無理して体調を崩さない様にして下さいね~。


 pen《セナさんへ》

やっぱり、素通り人が多いんですね~。
全く、物騒な世の中・・・、いや、冷たい世の中になったものですよねcrying
少なくとも、一声掛けてから立ち去って欲しいものです。
対応してる人がいるから良いってモノでもないし・・。
ものかして、手助けが必要な時もあるのにね~。

この続きにも色々あったんですよ~coldsweats01


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 掃除機☆がきた~っ | トップページ | 今年の☆イブは・・ »