« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

年の瀬☆ですね~

いよいよ今年もあとわずかとなりましたね。

早いものですconfident

今朝は、いつもより早起き、まだ暗いうちに起床wobbly

毎年、実家の夕食のお刺身類の買出し係りのめろママ。

家から車で10分ほどの問屋スーパーへ行ってまいりましたcardash

開店時間に行ったけどお魚売り場は結構な賑わい。

早々に食材を買い込み帰宅。

いつものぱぴぱぴのお散歩へ行く時間帯より早い時間に

帰って来れました。

留守番してたぱぴぱぴと今年最後の朝のお散歩です。

今日は、風が冷たくて寒いですね~cloud

そのせいか、めろママ、何となく風邪の初期症状っぽいdespair

Oms1
















いつもは、年末年始は実家へ泊まるのですが、今日は

帰ってこようと思います。

慣れないお布団で風邪を悪化させちゃいけないしね。

Oms4_3





←『花繭』で作った

“花餅”も玄関へ飾りました。   








そして、昼過ぎに“まつおか”のおせちが届きました。

Oms3

今年は、相方が出張から戻ってくるか分からなかったので

迷ったのですが、戻ってきた時に何もないと気の毒と思い、

注文しました。

そしたら、やっぱり帰国出来ないと連絡があり、この豪華な

おせち、めろママ一人で食べなきゃいけません。

誰か、おせち食べに、遊びに来ないかな~?

Oms2

ぱぴぱぴも暖かい日差しが入ってくるリビングで

ウトウト・・・・sleepy

寝正月の準備万端だね~shine

では、皆様、今年も『気まぐれ☆ぱぴぱぴLife』にお付き合い

して下さってありがとうございました~。

良い年をお迎え下さいませ。

2009年12月30日 (水)

簡単☆おやつ~!

今年もあと1日ですね~。

年末の大掃除も今年は早々に終わらせ、昨日はぱぴぱぴの

シャンプーをして一先ず完了かなsmile

そんな忙しかった最中でも5分で簡単に出来るオヤツを

作ってみました。

以前、某百貨店の謝恩会で購入した、『 Lekue (ルクエ)』。

Rke1

ヘルシー蒸し料理がレンジで簡単に出来ちゃう優れもの。

魅力的なレシピがたくさん付いていた中で選んだのは、

“ランチ蒸しケーキ”。

さつま芋が入った蒸しケーキ。

“鬼まんじゅう”に似ている味でした。

Rke2

我家の“ルクエ”の色はライス(クリアホワイト)。

Rke3









透明なので中味が良く見えます。

フタをして、レンジで5分。

Rke4

後片付けしている間に、あっという間に出来上がり。

これは、便利な“スチームケース”です。

Rke5

『にゃんっshine

5分でこんなに簡単に出来るので、急なお客様でも

対応できそうです。






調子に乗って、別の日に応用で“りんごapple”を入れてみました。

Rke6

このままでも十分美味しいけど、シナモンパウダーがあると

もっといいかも。

今度は、栗を入れてみようかしら。

これは、早くて簡単に美味しいオヤツが出来上がるので

楽しいです。

Rke7

『ほどほどにね~。』

はは~っ、そうだね。

2009年12月28日 (月)

散歩☆での出来事☆後編

さて、“散歩☆での出来事”の続きです。

酔っ払って、多分、倒れた時に頭部を切ってしまった、おじいさん。

自分の家の電話番号も分からないので、どうしようかと

思っていたら・・・・、




「倒れたの?」



と、柴犬を連れた女性が声を掛けてくれました。

でも、近くには来ないで道の端と端で会話する感じ。

事情を簡単に話すと、この女性、おじいさんを見かけた事が

あると言うではありませんか。

ここから200m程離れた処が自宅の様ですhouse

話しているうちに、めろママもピンっときました。

時々庭で遊んでいるダックス君に激しく吠えられる家だっdog

その女性に、おじいさんの家の人に知らせてくるので待ってて

下さいと伝え、早歩きでその場を離れようとすると・・・・。

おじいさん、フラフラしながらめろママの後を追うかのように

ゆっくり立ち上がりましたcoldsweats02

もう、本当にフラフラしてますsweat02

危なっかしい状態っsweat01

めろママ、もう一度おじいさんの処に戻り、

「おじいさん、危ないから・・・、ほらっ、この電柱に捕まって」

「ちょっと、ここで待っててね~」

と言いつつ、めろママ、ダッシュですrun

ぱぴぱぴと全力疾走して、おじいさんの家へ着くと

インターホンを押しても何の音もしないっ。

こりゃ、壊れてるな。

で、玄関先まで行き、大声で

「こんにちは~っsign01

と2回ほど叫ぶと、おばあさんが出てきました。

おじいさんが酔っぱらい、転倒して頭を怪我してると話すと、

おばあさん、




『変だね~っ、家のおじいさんは

5年前に亡くなって

もう、おらんけどナ(いないけどな)。』



めろママ、家を間違えましたっsweat01



庭や家を確認すると、おじいさんの家は、このお隣でしたっ。





恥ずかしい~~~っcoldsweats01

おばあさんに謝罪すると、

『お隣のおじいさんの事なら、良く知ってるから大丈夫よ~っ、

私が呼んできてあげるわ~』

おばあさんと一緒に外へ出て、ふと、走ってきた方向を見ると

おじいさんが50m程離れた処までフラフラとやって来てます。

おじいさん、不安だったのかな・・・・?

でも、他所様の家のフェンスにつかまり立ち止まってますsweat02

あの柴犬を連れた女性も横に付き添ってます。



おじいさんの家の方を見ると、向こうの道路からあのダックス

を連れた女性が歩いて来るではありませんか。

おばあさんが急いでその女性に事情を話すと、


「分かってます。いつもの事ですから・・・・」


と、何となく冷たい雰囲気think

このご家庭には何かあるんだなと感じつつ、おじいさんが

その女性と合流したのを見届けた後、柴犬を連れた女性に

お礼を言い、ぱぴぱぴと帰宅しました。





次の日からは、めろママ、携帯電話を忘れずにお散歩バッグ

へ入れて、ぱぴぱぴとの散歩へ行きましたよ~note

毎日のお散歩、何があるか分かりませんものね。

ぴぱぴと散歩をしていたら、あのおじいさんの家からちょっと

離れたところで、追いかけてくる女性が。

そう、あのおじいさんの娘さん?義娘さん?でした。

昨日のお礼にと、みかんを頂きました。

Mkn1

『みかんにゃんshine

めろママ、最初は断りました。

だってお礼なんてして頂く様なことでは無いと思ったので。

娘さんは、それでは気が治まらないので・・・と。

少しだけおじいいさんの様子を伺うと。

少し苦笑いしながら、今日は、家で休んでいるそう。

そして、おじいさんは依存症で中々お酒が抜けないと言う事

でしたbottledespair

昨日は、本人の前ではその様な事も言えなかった上に、

お礼も言えず申し訳なかったとのことでした。

何かあるとは思いましたが、昨日のおじいさんの様子から

何となく納得しましたthink





おじいさんの依存症と頭部の傷が少しでも早く良くなることを

願い思いつつ、みかんを持ってぱぴぱぴと帰りました。

2009年12月24日 (木)

今年の☆イブは・・

『散歩☆での出来事☆後編』~は、次回に。

季節の話題を後回しにしちゃうと、ほら、めろママの場合、

来年になっちゃうかも知れないので・・・smile

お許しを~っsweat01




今日は、朝から家事を済まして、リ~ちゃんのカイカイの

お薬を貰いに病院へhospital

そして、実家へと行って参りましたcardash



現在、相方は出張中で、我家はめろママとぱぴぱぴだけ。

街はクリスマス一色だし、3人(内・2匹)で家に居てもね~think

なので、今年はクリスマスケーキをちゃんとこの日の為に、

予約しましたよ~good



もう、何度もお店へ行ってるけどブログではあえて紹介して

ませんでした。

このペパーミント・グリーンの扉が目印のお店。

Krm1

シュークレール』さん。

Krm2

こちら、とっても美味しいケーキ屋さんなんですよ~shine

で、予約したクリスマスケーキを頂いて、いざ実家へcardash




実家へ行くといきなり瞳がギラギラになる、このお方。

Krm3

『ボキュは忙しいんだよ~shine

何が忙しいかと言うと、よそ様の家では大人しいリ~ちゃん

の後ろで、激しく尾っぽを振ってる、↓めろんくんsweat02

『おじいちゃ~ん、お耳なめて上げるよ~~っsign01

Krm4


『にゃん・・・・』

めろんくんの下には、我が父がソファで寛ぎ中。

いつもすきあらば、耳や顔、ハゲ頭をなめられている父親sweat02

いつも、いつも、めろんくん、実に嬉しそうになめてますよ~。

忙しそうです。


さて、オヤツ・タイムに『シュークレール』さんのクリスマスケーキを頂きました。

Krm6

とっても美味しそうな、ドーム型のイチゴのケーキshine


何故、オヤツ・タイムにかと言うと食事の後では、お腹が

いっぱいで・・・・bomb

平均年齢が高い家族は、ケーキを食べるタイミングを

誤まると、美味しいケーキでも胸焼けしちゃうんですよdown

ははははっsmile

Krm5

『メリークリスマスにゃんxmasshine

2009年12月23日 (水)

散歩☆での出来事☆前編

先日の日曜日。

いつもと変わらない夕方のぱぴぱぴのお散歩。

いつもめろママは、車の往来のなるべく少ない住宅街の道を

選んで歩いています。

そして、ある住宅街の角を曲がると・・・・・、


うんっsign02


30mくらい先の道の端に、布団かな~?マット?

白い丸く山になっているモノが落ちてます。

めろママ、視力があまり良くないのでボ~っとしか見えません。

その物体をじっと凝視しながらテクテクとゆっくり歩いて行く

うちにそれが何んなのか見えてきました。

そして、歩く足取りが自然に早足になって行きます。

その物体は、いや、それはおじいさんでした。

おじいさんが倒れていたんです。


めろママ、近くへ行くまでの間に一番に考えたのは、

『ヤバイ、携帯電話を持っていないっsign03

でした。

最悪、誰かに助けを求める事になった時の携帯電話っ。

でも、住宅街なのでいざとなったら、近くの民家へ駆け込めば

大丈夫か~と。


おじいさんのところまで行き、様子を見ると、うつぶせで倒れ、

片手は通りの左端の溝に手を入れてます。

側溝のフタには血液が三、四滴ほど付いてます。

これは、車にひき逃げされた?

それとも転んだ?

それとも血を嘔吐した?

・・・それにしては血の量が少な目だし・・・。



と、時間にしたら多分、1、2秒くらいで考えれる状況を

頭の中で巡らせました。


『おじいさんっsign01 おじいさんっsign03

と、めろママ、大きな声で呼びかけました。

勿論、体には触れず。

頭を動かさない方が良いと思ったからです。

『おじいさんっ、どうかしたの~~?』

と、3度目くらいの呼びかけで、そのおじいさんが気が付き、

ゆっくりと、うつ伏せ状態から顔をめろママの方に向けました。

意識があることに先ず、ほっとしましたsweat02


『大丈夫? どうしたの?おじいさん?』

とめろママ、ゆっくり、はっきり、大きな声で、そして

なるべく優しい声色で聞いてみると。

おじいさんは目を細めて、

『大丈夫、大丈夫・・・・。』

声は、ゆ~っくり小さいけど、でもはっきりと聞き取れます。


め:『こんな道端で寝ていて、大丈夫じゃないよ~。

   どうしたの?

   ほら、血が付いてるよ~。どこか痛くない?』

首元、両手には血が付いてます。

おじいさんは、出血している事に気が付いていない様子。

この会話中、めろママはおじいさんの体中の様子や顔色、

出血の元が何処なのかを目だけを動かしてチェックeye



お:『おお、かわいい犬だね~』

めろんくんは、こんな時でも愛嬌は忘れず、尾っぽを振って、

おじいさんを見てます。

そして、めろんくんを触ろうとゆっくりと起き上がりました。

アスファルトの上だけど、まるで家で寛いでいるみたいに

ゆったりと座ってます。


首に付いた血液のあとを見ながら、後頭部を見ると

2cmくらいの切り傷がパックリ2箇所、開いてました。

コレだっsign01

でも、傷口からの出血は止まっている様子。


め:『おじいさん、頭の後ろ、切れているけどどうしたの?』

お:『うんっ・・・・・sign02

おじいさん、自分の両手に血が付いているのもあまり

分かっていない様子。

お:『ちょっと・・・・・・、お酒を飲みすぎちゃってね・・・・・。

   少しこうやって・・・・・・休んでいれば大丈夫・・・・。』

めろママ、酔っ払って転んだのかな?

頭打ってるし、いかんでしょ。大丈夫ではないぞ~。

と思いつつ、

め:『もうすぐに、日が暮れるし、ここで休んでいたら

   凍えちゃうよ~っcloudsnowsign01

お:『・・・・・・・・・・・大丈夫、大丈夫・・・・・・・・・。』

め:『おじいさん、お家はどこ?送って行って上げるよ

   それとも家の電話番号とか分かる?』

お:『う~~ん、途中までしか分からないな~。』

めろママね、この会話をしている時、丁度、トイプーを連れて

携帯電話で会話しながら散歩してる十代の女の子、

高校生くらいかな、横を歩いて行くのが見えたんですよ。

だから、この子に携帯を借りようかとも思ったんです。

しかし、一瞬、彼女、立ち止まったけど、そのまま素通り。

携帯で会話しながら、スタスタ歩いて行ってしまいました。


これって、どうよ?


そういえば、、この通りへ曲がろうとした時に車が出てきたのよ。

その車の運転手、おじいさんが倒れてた事を知ってるはずなんです。

だからめろママ、最初はこの車に引かれたのかと思ったくらい。

でも、ひき逃げして逃げるスピードじゃなかったので、多分

素通りしたんだと思います。

それを考えると、おじいさんはいつから倒れていたんだろう?

出血が止まっていた事からある程度、時間が経っていると

思うし。。。。

今って、人が倒れていてもみんな知らん顔なのかな~?

もし自分の父親や母親、身内が、外出先の街中で倒れても、

誰も知らん顔、いつまでも冷たいアスファルトの上で倒れた

ままだったと思うと、いたたまれないけどな~sad

それを思ったら、知らない人でもほっとけないし、声をかける

事くらいするけどな~think





さて、お酒を飲みすぎて倒れたおじいさんを見つけた

めろママとぱぴぱぴのお話は、

『散歩☆での出来事☆後編』

へとつづく~~confident

Mkn1

『ビタミンにゃんっshine

2009年12月21日 (月)

掃除機☆がきた~っ

調子が悪くなった我家の掃除機。

もう吸込力もなくなり、止まってばかり。

もう見切りをつけて新しいのを購入することに。

先週は、ネットでいろいろ検索したり、電気屋さんへ直接

掃除機を見に行ったりと掃除機を探してましたよ~。

Stm1

何しろね、今の掃除機ったら、紙パック式、サイクロン式の

違いやら、各メーカーの得意な特徴、性能、・・・・cte。

迷い出したらキリが無いcoldsweats02

アレもコレもいいかな~と言う迷いよりめろママは、

コレはダメ~っgawk

デカイっ、重そう~っgawk

使いそうも無い機能が付き過ぎっgawk

扱いが難しそうだから、ダメっgawk

値段が高いっpout

ってな、迷い方smile

Stm3

そして、めぼしい機種を絞込み、実物を確認がてら

電気屋さんへ行くと・・・・、

Stm2

こ~~~~んな大勢の掃除機に、めまいがっwobbly

Stm4

下調べをしないでいきなり出かけていたら・・・・sweat02

多分、訳が解らないままオロオロ、ウロウロしていた事でしょう。






そして、今年初めての雪の降った朝snow

Stm6

我家の新しい掃除機がやってきました~っnote

Stm5

『これは、何にゃん?』

『へんなモノがやってきたぞ~っsign02

と、物珍しいそうにニオイを嗅ぐぱぴぱぴ。

Stm7

コレが来たからには、リ~ちゃんやめろんくんの抜け毛も

バッチリ掃除するよ~っshine

2009年12月18日 (金)

季節☆の準備

もう先週のお話になってしまいますが、金の鯱が輝く、

名古屋城へ・・・、では無くて、

Khw6_4 その真向かいの“ウェスティンナゴヤキャッスル”へ

行ってまいりました。

Khw7

この季節、毎年、素敵なクリスマスの演出をしている

ウェスティン。

以前にもこちらで紹介したことがありましたよね。

そう、雪の結晶とゴールドでのデコレーションで素敵でした。

今年のロビーフロアの演出は、真っ赤なツリーと、

Khw3

この赤いドレスをまとった貴婦人。

Khw4

なんか可愛らしいです。

Khw1











この赤いツリー、近づいてみると・・・・・、

Khw2  赤い羽のデコレーションshine

う~ん、見れば見るほど、キレイで素敵です。

数年前からブラック・ツリーが流行ってるけど、この

赤色のクリスマスツリーには、クリスマスカラーなのは

もちろんだけど、温かみもありますよね。

Khw8

そして、恒例になっているリースコンテストの作品も

展示されていました。

今年は、個性的なのが少ないような・・・。

みんな似てる。

リースにもデザインの流行があるのかしら。





さて、この日は、以前から興味があった『花まゆ』の

セミナーへ参加しました。

Khw13

『繭』で花を作る、シルク100%の贅沢な花。

天然素材の『繭』独自の曲線をそのまま利用し、電気ゴテ

なのど道具は使用せずに、全て指先だけで作り上げます。

Khw14

この素材としている『繭』は、繭農家から色が悪かったりして

商品にならないものを仕入れて使用しているそうです。

↑この作品は、先生が展示用として持参されたもの。




めろママが本日作るのはこちら。

Khw11

“お正月飾り~花餅~”です。

こちらも先生の見本。

Khw12

来年の干支の寅。

繭で作られています。







初めて、繭を使いつつの作品作りなので、

ちょっとビビリ気味で創作スタートですsweat02

Khw9

この葉ももちろん、繭で出来てます。

時間も限られている中でのセミナーなので、手が加わって

いる材料も多く、ちょっと物足りないような感じもしますが

正直、助かりますよ~coldsweats01

だって、初心者が失敗しないで短時間で作り上げなきゃ

いけないんだもの~っsweat01

Khw10

そして、あっという間にめろママの“花餅”が完成っshine

「自宅で飾る場所によって、バランスや色加減を見て、

花餅の茎に曲線を入れて下さい」

との事だったので、この状態で。

この繭の色は変色しないので長く使用できるそうです。

本来、捨てられていた自然素材をそのまま再利用するのは、

エコにもなるし、簡単にこんな素敵な作品になるってのも

いいですね~confident


その後、一緒に参加していたみなさんと先生とで

ティータイムcafe

Khw15

これも楽しみの一つ。

ご馳走様でした~っrestaurant

2009年12月13日 (日)

隠れていた☆シロモノ

最近は何だか理由は無いけど気分がdown気味think

そんな気分が滅入っている時は、掃除、掃除・・・。

と、思って掃除機してたら突然、掃除機が止まったgawk

見てみるとクリーニングの赤ランプ点灯。

これは、フィルターの洗い換え時期?

予備のスポンジ式のフィルターへ替えて掃除機を再開。

そしたら、またまた掃除機が止まるgawk

見てみるとクリーニングの赤ランプ点灯。

あれ~っ、吸込力は十分あるのに何で止まる??

う~ん、こんなことは、初めて。

取説で調べてみると、考えれる対処としては4つ。

その中の2つを占める、フィルターはチェック済み。

残りの2つ・・・・、



サッシノズルを長時間使用していないか。

ホース、パイプ、掃除機のヘッドにゴミが詰まっていないか。



う~ん、サッシノズルなんて使ってないから関係なし。

掃除機のホースやヘッドが詰まるような大きなゴミも吸込し

てないし・・・・。

吸込力があるので、詰まっている可能性は低いでしょ。

ああ~っ、分からないっsweat01

気分が滅入る~っdownbearing

ありえないけど、念のため、ホースを覗いてみると何もない。

ヘッド裏の回転ブラシ取って吸い込み口を覗いても

何も無い・・・・。

うんっsign02

あれ~~っsign02

何か、ぱぴぱぴの毛がカーテンみたいになってるのが

見えるっeye

これって、どこなのよ~っsign02

Sjg2

の中から見えるの。

どうやら、この掃除機のヘッドの天上部分。

首フリの関係で、部品と部品の間に隙間が出来て、首が

振れる度に少しずつ、その隙間に毛やゴミが引っかかる

様です。

でも、ちゃんと吸込力があるからよっぽどこの掃除機って

モーターが強いのかな~?

だってね、

その穴からハシや指で無理やり引き出した毛の固まり、

Sjg1

こんなにもあったんだもの~~~っwobbly

ひえ~~~っcoldsweats02sign03

って、ビックリしましたよ。

こんな狭い隙間にとんでもないシロノモが隠れていたなんて。

Sjg3でもね、この固まりを取り除いてからも、この掃除機、

スイッチを入れても、1分くらいでクリーニングの赤ランプが

点灯して止まるsweat02

もう、理由がわかりませんっsweat01 故障かな?

でも吸込力があるから、止まったら、またスイッチ入れて

掃除再開。止まったらまたスイッチ入れて掃除再開。

そんな掃除機生活がここ2、3日続いてます。

気分も滅入りますよ~~っdowndownshock

そんなの関係ナシに気持ちよく寝てる・・・、

Sjg4

リ~ちゃん。

と、

Sjg5

めろんくん。

2009年12月12日 (土)

済州島☆旅行~その4

さてさて~、やっと済州島☆旅行の最終章です。

随分、以前の出来事になってしまいましたね。

お許しを~っsweat01

Css17











見る方角から全く違う色々な印象を感じる“城山日出峰”

を後に。





次に訪れたのは、もう一つの世界自然遺産、

“拒文岳溶岩洞窟系”の中で唯一、一般公開されている

“万丈窟”。

Css1

済州島には、火山活動によって地下を流れた溶岩跡の

洞窟が120以上も点在してます。

島の東側に広がる“拒文岳溶岩洞窟系”は、その規模だけ

でも学術的にも世界的にも価値の高い自然遺産だそうです。

Css3全長約9kmの内1kmが公開されている“万丈窟”へ

潜入ですっpunch

この何処までも続く地下トンネルが、溶岩流によって出来た

なんて不思議です。

自然の力は偉大ですね~confident

終点には天上まで連らなる勇壮な溶岩石柱がありますが、

往復で40分・・・・。

Css4“城山日出峰”で体力の殆どを使っためろママ、40分もの

間、この暗闇の溶岩洞窟を歩き続ける気力は流石に

ありませんよ~bearingsweat01

600m地点にある、この亀の形をした溶岩球を拝んで

引き返しました。

Css2

この亀岩は、溶岩が地下を流れながら温度の変化によって

偶然にも出来たもの。

この岩の形、済州島の形にも例えられるそうです。






この日は、登山したり、洞窟探検したりともうヘトヘトdespair

で、夜にいただいたメニューは、“名物済州黒豚カルビ”。

Css5

で、デカイっwobblysign01

豚肉だから、硬いかな~?脂っぽいかな~?と思ったら

全然、美味しい~っlovely

柔らかくて、肉も甘くてウマイっheart04

韓国本土では、ニセモノの“済州黒豚”を出すお店がある

そうだけど、分かるわ~delicious




この“ぞうり”の様な“黒豚カルビ”ってどうやって食べるん

だろう??

もしかして、かぶりつくのかな~っ?

と、思いつつ、網の上で香ばしい素敵な焼けるな香りがする

“ぞうり”をぼーっと見ていたらeye

少し焼けてきたかなというタイミングでお店のお姉さんが

テーブルを順番にまわってきて・・・・・、

Css6ハサミでチョキチョキと一口サイズに切ってくれますhairsalon

で、めろママが食べようと、ハシで肉を取ろうとしたら、

『ダメっ』

って、お姉さんに叱られちゃいましたcoldsweats02

Css7

もう少しだけ、火が通ってからでした~coldsweats01

豚肉はよく焼かないとねっ。

このお姉さん、知っている日本語は、『ダメっ』 だけ。

きっと、めろママの様な食いしん坊であわて者の日本人が

多いからなんでしょうね~。  ははは~っbleah






夕食後は、前日に予約を入れていた“NANTA(ナンタ)”の

ショーを観に行ってきました。

Css8

以前、日本公演もしているのでご存知の方も多いでしょう。

コック達がキッチンで、フライパン、鍋、まな板、包丁等を

楽器にして韓国独特の軽快なリズムで楽しませてくれるショー。

めろママ、機会があれば観たいと思っていたので、良い

タイミングでした。

ガイドのコウさん曰く、済州島で“NANTA”が観られるのは

契約で3年間だけ。そしてこのショー、演じてる役者達は、

1日1回の公演しか出来ないそうです。

それくらい体力と集中力を使い、疲労してしまうそうです。

炎や包丁を使うので、安全面も考えて万全なコンディション

で舞台へ挑むんでしょうね。

Css9_2






丁度、この旅行へ行く1ヶ月前くらいだったかな?ソウルで

“NANTA”の紅一点の女性コック役として、日本人女性が、

デビューしたって話題になってました。

いや~、このショーを観れば“NANTA”までとは言わない

けど“和太鼓”教室へ入会・・・、

いや、そんなの無理だわっsweat01

そうっ、ゲーセンの“太鼓の達人”くらい挑戦してみたく

なりますよ~smile






さて、最終日の朝はお昼の飛行機なので朝はホテルで

ゆっくりと朝食。

Css10

滞在していたのは、“済州グランドホテル”。

免税店とファミマが目の前にあるとっても便利なところに

あるホテルでした。

そして、意外な発見がこちらのホテルのお庭。

Css11

とっても手入れが行き届いてて、綺麗でした。

Css16

朝食後にゆっくりお散歩しましたが、他に歩いている人も

いなくて、街中なのに静かな空間です。

Css12

芝も手入れしている女性のおかげか青々。

Css13

名物の一つ、“済州みかん”も植えてありますね~。

Css14
















しかし、流石にホテルですね。

ちゃんと警備員が立ってました。




さて、これで済州島☆旅行も終わりです。

UPに時間がかかってしまい、すみませんでした~。

そして、最後まで読んで頂いてありがとうございましたhappy01

Css15

めろママ的には、済州島はとっても近くて治安も良く、

世界自然遺産を含む、様々な美しい自然風景が存在して

いて楽しめるので、また行ってみたいと感じました。

まだまだ訪れたい見所も沢山残ってますしね。

時差も無く、気軽に行けるところがいいですよねgood

2009年12月 3日 (木)

済州島☆旅行~その3

やっとのこさで、10月に訪れた済州島のお話の続きです。

何の話~~っsign02って方は、こちら・・・・

済州島☆旅行~その1

済州島☆旅行~その2


を読んでね。



韓国の天然記念物、サングムブリ火山口の後に訪れた

のは、『城邑民俗村』。

今でも実際に暮らしている約500年前から残る集落。

国から民俗村として援助・保護され昔のままの生活を

約500世帯が続けているそうです。

その一部が観光客に公開されてます。

Mrh1

こちらは村内ですが、実際に村民が生活しているので

天気の良いこの日にはお布団が干してあります。

この↑女性の像、水亀へお水を運んで移す姿。

済州島は火山島で水が少なく貴重。

Mrh3_2




←木の幹へ藁を結んで

雨水を溜めるような生活

をしていたそうです。



↓こちらは済州黒豚pig

Mrh2何をしているかと言うと、こちらはトイレの下。

その昔、済州黒豚は、人間の便を食べていたそうです。

この横に溶岩が積んであり、その上で用を足し、そして

この豚くんがそれを食べる・・・・、と言う仕組み。

現在の済州黒豚は、流石に便は食べていないそうです。

こちらは、観光客用の展示用トイレでした。

この日の夜、この“名物・済州黒豚カルビ”を食べるって

聞いていたので、ちょっとホッとしました。

Mrh4

↑こちらは、バスから撮影した公開されていない部落。

こんな、昔ながらの家に現在も住んでいると思うと不思議な

感じがします。

でもその生活は国から保障されている上に、昔ながらの

生活様式と食生活を続けているこの村民だけの平均寿命

は世界1位だそうです。

Mrh5

お昼は、サバの煮付け定食fish

ちょっと辛かったけど、コクがあってサバも美味しかった

ですheart04

お昼からこんな辛い色した鍋ってのもこの旅行ならでは

ですね~。

Mrh7

この、溶岩とゴールドの堂々たる世界自然遺産マーク。

何処かと言うと・・・・・、

Mrh8

“城山日出峰”。

Mrh10

周囲は絶壁と海wave

上空から見ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、こう。

Mrh9

                    【地球の歩き方のHPより】

王冠の様な姿。

標高182mの火山。

海底噴火によって生まれた山です。

頂上から眺める初日の出が有名。

名前からも分かりますね。

済州島の様々な観光パンフレットで、“城山日出峰”は、

良く使われてます。

頂上までは約20分。

めろママ、絶対に登ろうと思っていましたよ~shoe

Mrh15

そしてこの何処までも続く階段を必死で上りましたよ~sweat01

我が母はもちろん、下の海岸線の景色を眺めるお散歩

グループ。

その母のお友達マダムのお一人が、

「折角訪れたんだから、私、登るわ~っsign01

と、二人で登山ですpunchup

Mrh13_2
しかしね・・・・、

こちらの急斜upwardleft

半端じゃ無い

んですよ~sweat01

登っても、

登っても

全然、上が分から

ない。

階段は続くよ、続く。

暑いわ、エライわ、息が切れるわ、で、大変なのよ~っsweat01

もうこの時ほど、自分の体の重さを呪いましたよ・・・shock

途中で休憩しながら、下を見ると・・・・・、

Mrh17おおお~~っsign01 眺めがいいじゃありませんか~~っshine

韓国最高峰の「漢拏山」が、キレイに眺めれるではありま

せんか~っsign03

と、感動しつつ・・・・、

再び、モクモクと階段を登り始めますsweat02

Mrh12

こちらは、中腹近くにある“獅子岩”。

こんな突き出た大岩が噴火によって生まれるなんて、

自然の力は偉大ですshine

そして、必死のモクモク登山は続きますsweat02sweat02

Mrh19

まだかな~っと上を見ても頂上が分からない・・・sweat02sweat02sweat02

何処まで登らなきゃいけないの~~~っsweat02sweat02sweat02sweat02sweat02sweat02

と何度、心の中で叫んだ事か。

で、もっとも急な斜度の階段を這う様に、登り終えると、

Mrh14

頂上でした~。

やっと、制覇したど~~~っsign03

海がキレイだわ~~~っshinewaveshine

空気が美味しいわ~~っshinecloudshine

と、自己満足と頂上からの眺めに感動陶酔coldsweats01

そして、下山・・・・・・downwardright

Mrh11_4

















こんな、急な階段を苦労して登って来たので、下るのが、

勿体無い様な気がするけど、時間も限られているので

下山です。

Mrh18下山して、ふと振り向くと・・・・、

はあ~、あんな高い処まで登って、帰ってきたんだ~っ。

と、達成感と心地いい疲労感ですconfident

Mrh16少し時間があったので、正面に見える“牛島”を眺めつつ

海岸線を歩いて母達と合流しました。

続きは、済州島☆旅行~その4 へ。

多分、最終章になると思います。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »