« バニバニ☆バーニ~ズ | トップページ | レッスン☆風景 »

2009年9月19日 (土)

めろママ☆流血する

いつもの夕方の散歩道の途中。

あるマンションの駐車場とその近所に住み着いている

ノラ猫達がいるところがあります。

マンション横の豪邸の年配の女性がいつもそのノラ猫に

エサを上げているのは知っていました。

いつもその場所を通る時は、猫がいても無視。

近づかない様にして、そのまま素通りしてます。




今日は、何故かそのうちの1匹の猫とリズの目が合った

と思ったら、その瞬間リズに向かって襲い掛かってきました。

危ないっ!

慌ててリズを抱き上げました。

それでも抱き上げたリズに向かって襲ってきます。

めろママの反対側にいためろんくんが、その猫に向かって

威嚇してくれましたが、その猫の勢いも全然変わらず、

めろんくんをも襲い掛かってます。

そして、マンションの駐車場の方から、更に大きな別の猫が、

すっ飛んできました。

めろママ、その辺りには多分、少なくとも4匹はノラ猫が

居ると知っていました。

毎朝、毎夕、その年配の女性にご飯を貰っている猫達の

姿を見てますからね。


「このままじゃ、囲まれるっsweat02

と先ず思いました。

焦りましたよ~sweat01


とにかく、もう片方の手で、猫とやり合おうとしているめろん

くんを引き寄せて抱き上げました。



その瞬間、右太ももに激しい痛みがっannoy



めろママの太ももに猫が飛び掛り、

噛付いているではありませんか~っbearingimpact




「痛~~いっsign01



何んちゅうことすんの~っと、猫を追い払うにも向こうも

興奮して、更に飛び掛って来ます。



その騒ぎ(多分、めろママの悲鳴)が聞えたのか、

その豪邸の年配の女性が出てきて、慌てて猫達を追い払って

くれました。

追い払うといっても直ぐ近くで猫達は、ぱぴぱぴとめろママを

睨んで座ってます。




その女性曰く、

今、子猫が生まれて気が立っているの。

この猫達は、裏のおばあさんが飼っていて、そのあばあさんは

亡くなってしまったの。

と、おばあさんが、おばあさんが、を繰り返し言ってました。

そんな、子猫が生まれたなんて知らないし、

それこそ、聞いて無いよ~っsign01

です。

気が立っているのは仕方ないけど、通行人(犬)を襲っちゃ

いかんでしょ~に。

Mrk1

めろママ、パンツの上から噛まれたのに、流血してるし・・・。

ぱぴぱぴの体を確認したら、どうやら無傷。

それだけでも、良かった・・・・。

その後、急いで帰宅してパンツを脱いで患部を見ると

引掻き傷としっかり歯型の穴がパックリ開いてます。

そして、その患部周りが赤紫に腫れ上がってます。



こりゃ、ヤバイかも・・・sweat02



先ず、獣医さんに電話して指示を聞きました。

獣医さん曰く、

患部を水でどんどん洗い流して下さい。

とにかく急いで病院へ行ってください。

とのこと。

消毒液を思いっきり患部へかけ流したところなので

水の方が良かったのかな~と思いつつ、今日は連休初日

の土曜日じゃない?と、頭を抱えました。

で、総合病院の救急へ電話してから出かけましたよ~。

Mrk2

病院では、患部を洗い流し(麺棒で傷口グリグリされなが

ら・・・、痛かった~っweep)、

注射1本と軟膏薬を塗る処置で終了。

あと、抗生物質薬と軟膏薬を処方して貰いました。

一針分傷口を縫いたいところだけど、犬や猫による傷口を

縫うと腫れ上がってしまうらしく出来ないそうです。

連休中でも異変があったらまた救急でいいので来て下さい

とのことでした。

このまま、腫れも治まってくれるといいけどなdespair

めろママが住んでいる市は、ノラ猫や飼い主のいない

犬に対しての去勢、避妊手術には補助金が出ます。

エサを毎日上げ、猫達に慕われているあの年配女性、

猫達がこれから生きていく上でも、飼い主のいない猫を増や

さない為にも、この補助金を利用して欲しいものです。

« バニバニ☆バーニ~ズ | トップページ | レッスン☆風景 »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

なんてことでしょう!!めろママさん!その後傷の具合は大丈夫ですか? どうぞお大事になさってください。

「ニャンはワンより伝染する病気が多く、予防接種を受けていないニャンに噛まれたときはすぐに病院に行ってくださいね!そうしないと人間も危ないことになりますよ。」
これは18年前に近所の飼い猫にかまれたときに、セナが駆け込んだ外科の先生に言われた言葉です。

自分勝手にニャンが可愛そうだからと餌をあげている人がいますけれど、栄養が満ち足りていると繁殖してしまいます。餌をあげるなら、避妊・去勢に協力してほしいです。めろママさんが言われるように、市から補助金が出るのですから・・・!!
もう!腹が立って、情けなくって。涙が止まりませんーーーweep

めろママさん、大丈夫ですか?
熱は出ませんでしたか?

治療費とパンツ代は、もちろん払ってもらえるんでしょうね~。
ホント怒れちゃうけど、めろんくん、りずちゃんが
無傷だったことは不幸中の幸いでしたね。

詳しいことは、またじっくり聞かせて下さいね。
豪邸の年配女性ってどちらの方かも気になるし・・・

メロママさん 大変でしたね。あの出血の様子では、さぞ痛かったことでしょう。すぐに医者へ行かれたのは、適切だったと思います。
可愛いふたりのパピちゃんを、しっかり守られましたね。

もう、ご覧になられたかもしれませんが、I.Nに
”猫にかまれたら”と、かなり詳しく出ています。

先日、私も庭木の下で、帽子もかぶらずゴソゴソやっていたら、上から蜂がす~と下りてきて、アッという間に頭を刺されました。
急いでI.Nをみたら、流水でよく洗い流す事、そのあとすぐ、医者へ・・とあったので、その通りにしましたら、先生に、
”水で洗ったのが良かった”と言われ抗生物質の
軟膏を頂いて、事無きを得ました。

先日は、セナさんから、とんびの怖さも教えて頂いたばかりですよね。

予後、どうぞお大事になさって下さい。


今日の合同レッスン  お疲れ様でした~
それより  猫ちゃんに襲われたんですか~
その後 傷口は、いかがですか~
私の娘も以前、ワンコに突然、噛まれ、何針か縫いました。私も娘もワン大好きなので、ショックでしたよ~その時お医者さん曰く
全部縫わないからね 少し あけておかないと
膿が、出ないから~ なんて言われ~
ワンコも猫も歯にいっぱい 黴菌が、あるんですって  だから、傷口をすぐ お水で、流すの
正解ですって
どこでなにが、あるか 分かりません
気をつけてね
又 カフェ 教えてくださ~い

      tulip~お返事~tulip


 pen《セナさんへ》

セナさん、心配して頂いてありがとうございます。
まだ、今日も傷口が開いているせいか、少しの出血と腫れも引いていない状態でしてdespair
発熱はないので、注射と昨日からの薬が効いているのかなと思います。

セナさんも以前、猫に噛まれた事があったんですね!
ビックリしますよね。
私も猫には、思いもよらない色々な黴菌を持っているって事は知っていたので、みみず腫れした引掻き傷とパックリ開いた歯型の穴を見た時はヤバイっと思いましたよ~shock

その通りは、毎日朝・夕の散歩で通るので、猫も多分、私やぱぴぱぴのことを覚えていると思ったんですけど・・・・despair
こんな事が、子猫を生む度にあると危険なので、あの年配女性、市の補助金を利用して何とかして欲しいものですdespair

 pen《はなもなさんへ》

はい、今日は発熱は無かったです。
心配して頂いてありがとうございます、はなもなさん。
でも傷口はまだ開いているせいか出血と腫れは続いてます。
猫があんなに凶暴で、何もしていない人にまで噛付いてくるとは思いませんでしたよ~shock
治療費とかって請求出来るんでしょうかね?
その年配女性、「おばあさんが、おばあさんがっ」と、亡くなった方の飼い猫だって強調してたしな~。
ただ、毎日エサを上げているのは確かです。
猫の為にも行政の特典を利用して欲しいものです。
詳しくは、またお会いした時に話しますね。


 pen《ティアラBABAさんへ》

心配して頂いてありがとうございます、ティアラBABAさん。
私も帰宅して傷口を見るまでは、こんなに深く噛まれているとは思いませんでしたcoldsweats02
小さい猫だし・・・と油断したらいけませんね。

以前、獣医さんへ行った時に、猫に襲われて怪我したワンちゃんが治療に来ていて、獣医さんにも最近のノラ猫は危ないから注意してねと言われた事があったんです。
まさか、自分が餌食?になるとは思ってもみませんでしたよ~coldsweats01

生活する上でも色々な天敵がいますね~。
トンビも蜂も・・・。気をつけていても被害にあってしまうし、応急処置法や知識を身につける事も大切ですねpencil

  pen《ルル&マロンさんへ》

コメント、ありがとうございます、ルル&マロンさんhappy01
今日の合同レッスン、お疲れ様でした~。
お世話になりましたsign01
いつも、明るく話しかけて頂いてありがとうございますconfident

そうなんですよ~。
何気なくしてましたが、右太ももには猫の歯型の穴が開いていたんですsweat01
朝、発熱も無かったので初合同レッスンへ参加しましたが、そんな傷の痛みより、精神的にボロボロに疲れて帰ってきた感じですよ~。
ははは~っdown

ホント、何が起こるか分からないですよね~。
今回も毎日、朝夕2回通るいつもの散歩道での事故だったので、驚きましたよ。
また傷が治ったらお出かけしますので、楽しみにしていてくださいね~papershine


めろママさん大丈夫ですか!!!
んも~。ナンテ事!!

写真の様子だと 随分深かったのでしょうね。
セナさんが仰るように 野良猫ちゃんは 持ってる病気が
やっぱりワンコよりも怖いと聞きましたよ。

すぐに救急受診されて良かったぁ~。

ナンだか自分の身を盾にして 一生懸命2パピを守ってる
めろママさん。
イヤでも以前のランの事件が頭をよぎりましたよ。
いつも めろん君は勇敢にリーちゃんを守ってくれますね。
涙が出ちゃいます。

リーちゃんとめろん君に怪我がなくて 本当に良かったけど
めろママさん ちゃんと先生がOKくれるまできちんと治療して下さいね。

     tulip~お返事~tulip

 pen《かいままさんへ》

かいままさん、心配して頂いてありがとうございます。
昨日は、連絡までして頂いてとっても嬉しかったですconfident

そう、以前にもランで事件がありましたね~。
あの時同様、今回も突然の事でしたので、ビックリしましたよ~wobbly
でも、めろんくんもリ~ちゃんとも無傷で良かったです。
はははっ、ホント、身を盾にしてってこの事でしょうね。
私もね、まさか猫が何もしていない人間に飛び掛って噛付くなんて思ってもみなかったので、油断しましたよ~bearing

今は、腫れと押えると痛みはありますが、ちょっと“かゆみ”も感じる具合です。
お薬飲んで、様子をみてこうと思います。
完治したら、かいままさん、またカフェでも行きましょうねcafe

めろママさん、その後 傷の具合はいかがですか?
もぅ・・・私、鳥肌が立っちゃって震えるほどビックリしましたよ!!
目が合っただけで襲いかかってくるなんて・・・怖いですね。
猫だからって、どうして放し飼いや野良が許されているのかがよくわかりません。。。(ワンコだったらどんなに超小型犬でも保健所行きですよね)
我が家のワン達も猫を見つけると睨みあいをしますから、他人事ではありませんよ。

連休中は病院もお休みですから、とても不安ですよね。。。
でも、そんな中↑レッスンに参加されていたなんて!
母は強し!!ですね。

どうかどうか、完治されるまで無理はなさらずにお大事になさって下さいね。

     tulip~お返事~tulip


 pen《サトさんへ》

はい、まだ腫れと傷口の痛みはありますが、痛かゆい感じがしてきたので、快方へ向かっているのかな~?という感じです。
心配して頂いてありがとうございます、サトさんconfident

この時は、道の端と端同士だったのに、リズと目が合った途端、スゴイ勢いで走り寄って来られて、襲われた感じでしたwobbly
もう、何故??何かした?でしたよ~weep
毎日、朝夕の散歩で通っているので、その猫達も私達を知っていると思うのだけれど・・・。
サトさんも十分気をつけて下さいね。

その次の日のレッスン、実はこんな事があったので参加をとっても迷っていたんですよ~。
でも発熱もなかったし、なかなか参加出来ないので行ってきました。
でもね、怪我の痛みなんて忘れるくらい合同レッスンは大変なものでしたshock

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バニバニ☆バーニ~ズ | トップページ | レッスン☆風景 »