« 新春☆リズのお里訪問 | トップページ | 衝撃的な出来事☆後編 »

2009年1月 9日 (金)

衝撃的な出来事☆前編

ここ数日、ブログを更新する事も無く、ぱぴぱぴとの時間を大事にしてきました。

いつもと変わらない様子のリズ。

気持ち良さそうにお昼寝してるめろんくん。

それでも、めろママの心の奥深くはモンモンと暗く落ち込んでいました。

それ位、私にとっては衝撃的な出来事がありました。

迷いましたが、同様の事故防止の為、そして、嘘のない正直なブログ(日記)を残す為にも綴り残す事にしました。

この話題は、その事故の様子をそのままに、そして私が感じたままなので、不快に感じる方もみえるかもしれません。

その場合、そのままスルーして下さい。

Jkn1

お正月休みの最後の日曜日、ドッグランへ行って来ました。

そして、こちらである飼い主に出会いました。

母親と小学生の男の子。

一緒にいた犬は5kgくらいの茶色のミックス。

その犬がやってきた時、めろママはリズと一緒にアジリティーの障害を一緒に飛んだり、めろんくんもその近くでいつも通り、ヨタヨタと散歩してランを楽しんでいました。

他の来場しているワンたちも飼い主さんや他の犬と仲良くランを楽しんでいる様子。

いつもと変わらないドッグランの光景です。

その様子を見た母親と男の子の会話が聞えてきました。

母:「今日は、頭のいい犬ばかりね~!」

子:「違う!頭が良すぎるよ~。」

母:「そうね~。」

子:「あっ、あっちの大型犬のいるところへ後で行こうよ!」

これを聞いて、何か嫌な予感が一瞬しました。

そして、やっぱり・・・・・。

直ぐにこの犬に、めろんくんが威嚇され危うく咬傷されそうになりました。

いつもドッグランでは、ぱぴぱぴの近くにいるめろママが急いで止めに入りました。

が、相手の犬は一瞬躊躇するほどの異常な威嚇の仕方。

下手して手を出せば噛み付かれて怪我をしそうです。

Jkn2

この飼い主、10mはある延長リードをこの犬に繋いでいました。ロックが付いてる伸縮リードではなくて、ただの長~~~いリード。
この時も、私の大声に反応して目が合っためろんくんが後退りしたので、そのすきに私が2匹の間に入った後に、やっとそのとんでもなく長いリードを引く始末。

引っ張っても引っ張ってもリードが長くて直ぐに犬を引き寄せれないのです。

予期しない事が起こっても直ぐに対処できないリードを攻撃性のある犬に付けている・・・。

今、考えたら恐ろしい状態だったのです。

Jkn3

この時にもっと後味が悪いのが、この飼い主、こんな事が

起こっても無視。知らん顔。

私達に挨拶も謝罪もなく目線も合わせません。

この犬が来る前にそろそろ休憩しようかと話していたので

ぱぴぱぴにリードを付け、カフェへ向おうと出口へ行こうとしたらこの飼い主、

「あら~、もう帰るの~。さようなら~、ごめんなさいね~。」

と、独り言のようにぱぴぱぴに向って囁いたのです。

私達の方は見ません。

私は、この人、悪い事したと思っているのだと思い、話しかけました。

め:「いえ~、こちらこそ。ワンちゃん、大丈夫ですか?

このこ(めろんくん)は時々犬に難しいところがあるから」

母:「あっ、いえ、そちらこそ大丈夫ですか?」

と、私の言葉にとても驚き、私達の方をやっと見てくれました。

Jkn5めろんくん、もちろんランでは問題を起こしたことはありません。

いつも主にヨタヨタとラン内をお散歩してます。

いま、思えばこの時、私がこの言葉をかけなかった方が良かったのかもしれないし、それよりもっと違う言葉をかけた方が良かったのかもしれません。

Jkn4それに、問題のある犬が来場した時点でカフェへ退場しましたが、もっと慎重に思い切って帰る様な判断をしなかった私に最大の落ち度があったのかもしれません。

色々な犬が集まる場所(ドッグラン)では、自分の犬から目を離さず、常に一緒(近く)にいてトラブル防止に努めても、全員の飼い主さんがそうそう注意していてくれる訳ではありません。

Jkn14椅子に座ったままの飼い主さん。

犬をほったらかしで、お喋りしている飼い主さん。

小型犬を大型犬のエリアへ連れて行く飼い主さん。

知らないうちに、愛犬へ恐怖心やストレスを与えている事に気がつかない人がたくさんみえます。

犬は犬で自由に遊び、知らないうちに、犬との信頼関係を無くしている人がたくさんみえます。

私自身、それだけは絶対にしてはいけないと思っていたにも関わらず、何処かでぱぴぱぴは大丈夫という油断と自惚れがあったのかもせれません。

Jkn6

あの犬はオスかな~?

あの長いリードは役に立たないよね~。

と、カフェでもあの飼い主と犬の話題をしてました。

休憩後、あと30分くらいしたら帰ろうかと話しながらランへ戻ると、長いリードをつけたあの犬は、フリーになっていました。

あれ~?もうドッグランの雰囲気に慣れたのかな?

と正直、驚きました。

Jkn7

でも、あの異常な威嚇してきた姿が脳裏に焼きついていたのでラン内に入ってもぱぴぱぴは暫くリードしたまま、フリーにはしませんでした。

そしてふと見ると、母親があの犬にリードを付けています。

何となくもう帰る様子です。

ちょっと安心して、はぴぱぴをフリーに。

その後、最悪な出来事が起こりました。

帰ったと思っていたあの犬が、めろママの近くにいます。

しかも、フリーで。

なぜ???

あの役に立たないリードも付けていません。

そして、めろママのそばにいたリズに近づき、いきなり飛び掛りました。

リズは今まで聞いたことない悲鳴を上げました。

次の瞬間リズは押し倒され、同時にリズの首に噛み付きました。

リズは、更に激しい大きな悲鳴を上げてます。

そして、首に噛み付かれたまま地面に押さえ付けられてます。

Jkn16

めろママ、それはそれは驚きましたよ。

突然のあまりに衝撃的な目の前の出来事に体が動きません。

脳裏に浮かんだのは、

リズが殺される~~っ。

でした。

「だめ~~~~~~っsign01

「やめて~~~~~~~~~っsign03

この声は悲鳴でした。

リズが死んでしまう~~~っ!

今、リズは生きてます。

長くなりそうなので、『衝撃的な出来事☆後編』へ

« 新春☆リズのお里訪問 | トップページ | 衝撃的な出来事☆後編 »

ドッグ・カフェ、ラン」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

コメント

ブログを読んで、もうビックリです!!
読んでいて震えてきてしまいました。

うちのエミーもお腹を柴犬に噛まれた事があるけれど、首を噛みに来るのはかなり強暴だと思います。

リーちゃん、大丈夫なのかな。
次まで待ちきれないです!

めろママさん・めろん君・リーちゃん、心が凍りつくような怖い思いをしてしまいましたねーーー(涙)

読んでいて、心から怒りを覚えます!!!
リーちゃんに怪我はなかったのですか?心配です。
たとえ怪我がたいしたことがなかったとしても、リーちゃんの
心には大きな傷ができてしまうんです!
そのことを相手の飼い主は分かっていない!!

無責任というか、飼い主失格な人間は残念なことに大勢います。その方たちは謙虚に反省することもない・・・。本当に悲しいです。

リズちゃん、怪我してませんか?
心配です。
噛み付きそうな犬を、フリーにするなんて・・・
ランでは、責任を持って欲しいですよね・・・

レオも、1回、工房で、あまりお散歩をしていないで、いつも本当の家にはつれて帰らず、いつもず~っとつながれてる犬が、首輪から離れてて、噛み付かれたり、この時は、怪我をしたから、飼い主に、怒り、報告しました。
それから、その道の近くでも、行くたびに、レオ、怖がっていました・・・
それと、ある会場で、ヨーキー?のレオぐらいの子から、噛み付かれて・・・その飼い主さん、自分で、リードを持ち、近くにいたのに、それに自分の犬がしたのに、驚くだけで謝りもせず・・・うちが、やられたのに、自分の方がやられたような態度で・・・もう、怒りましたよ~~。
私の怒りの声と近くの人から話を聞き、やっと謝りに来ましたけどね・・・友達に聞けば、その犬、よく他の子にも噛み付いてるようで・・・自分の犬のすることや性格などを把握して、いつも責任持って、見てて欲しいですよね~。


私も怒りに震えながら読ませていただきました。日本でもこのようなことが起こっている・・・。みなさんも書かれているように、めろんくん、リズちゃん、そしてめろママさんの心の傷が心配です。
その飼い主さんは、ご自分の犬がそういった「悪い遊び」(遊びとは思えませんが、適当な言葉が浮かびません)が好きなことをご存知な確信犯のようなので、余計に腹が立ちます。
しかもお子さんが一緒だったのでしょう?理解に苦しみます。

私がいく公園でも、よく飛び掛ってくる犬がいます。そういう犬の飼い主に限って、おしゃべりに夢中、う○ちの始末をしない・・・。
その犬が来ると私はすぐに自分の犬を抱っこするのですが、先日は私の背中にど~んと飛び掛られて、私が倒れそうでした。それでも飼い主は知らん顔でした。

めろママさん・・・。
手が震えて 上手く字が打てません。
あ~。リーちゃん大丈夫ですか?
あんなに誰にでも フレンドリーなリーちゃんに
対して 首に噛み付くだなんて
悲鳴をあげてると 読んだだけでもう 涙が・・。
想像しただけで 腰の力が抜けます。
リーちゃん ネンネできているのなら 大事に
至らなかったのだと信じたいです。

怖い思いして・・可哀相だったね・・・。


1度自分の犬が そういう行為をしたにも関わらず
リードもなしで まだランにいる事自体・・おかしいです!
そういう犬も飼い主もランに来る資格はありません!

小型犬を大型犬の所に連れて行ってた 親子が
かいままが行った時にもありました。
でも それをランの人達も注意をしませんでした。
そういう事ですよね。
やはり ルールは必要だし 常識がどこにあるのか?って
そういう事だと思いますが 命の危険を及ぼすような
ワンコをランに連れて来てはいけない・・・
そして ランに行く以上・・そういう危険が
ある事を忘れちゃいけないんですね・・・。

めろママさん 大丈夫ですか?ショックだったでしょうね。
怖かったし震えたでしょう・・。
あ~かいままも今 普通じゃありません。

許せませんね!そんな飼い主・・・
わなわなしながら読みました・・・。
さぞびっくりされたことでしょう。
とっさに目の前でそういうことがあると、どうしていいか分からなくなりますよね・・・。
私も目の前でくりんが目をかまれて血がしたたったことがありましたが、悲鳴を上げるだけで、どうにもできませんでした。

「いつもと変わらないりズ」というのをみて、幸いにも大けがに至らなかったようで少し安心しました。

みんなの心の傷が一日も早く癒えますように・・・

読んでて心が凍りました。
りーちゃん、怪我はしていませんか?大丈夫ですか?
他の犬が怖くて威嚇をする子は時々いますが、首に噛み付いてくるなんて信じられません。
そしてそのような子をドッグランでフリーにする飼い主に怒りを覚えます。
この事がフレンドリーなりーちゃんの心の傷にならない事を節に祈ります。

イヤーーー!!!怖すぎます!
りーちゃんもめろんくんもそしてめろママさんもさぞ怖かったこととお察しします。
根本的に犬に関する知識・常識がないのかはたまた確信犯なのか。
罰金とかお出入り禁止とか、痛い目にあわないといつまでも同じことを繰り返しそうですよね、その親子さん。
その様子じゃしつけを入れなおすなんてできっこなさそうだし、そんな風に買われている犬もかわいそう。。。
極端論ですが、私もマナーの悪い飼い主さんに会うと「飼育は免許制にしたらいいのに」って思っちゃいます(^-^;)
同じことが起きないように、とBlogに書いてくださってありがたいです。
つらいでしょうが、続きがんばってください。

ドキドキしながら、記事を読みました。
常識のない飼い主には、ほんと
もう、怒れますよね。
許せません
リーちゃん、どうなったんですか・・
すごく、気になります。

私も皆さんと同じ思いです。
いつも楽しいめろママさんのブログのはずが…
リズちゃん怖かったね。

マックスも以前、ドッグランで大型犬に追いかけられた事があります。
幸いに怪我もなかったのですが、それ以降大型犬に会うと固まってしまうようになってしまいました。
私にもマックスなら大丈夫と油断がありました。
そうじゃなかったんですよね。

ドッグランにはどんな飼い主も、自分の犬の性格を理解している人達ばかりではなくて
常識やマナーがと考える前に、ただ自由にする事が出来るからと連れて来る人がいる事も忘れてはいけないのですよね。

リズちゃんのトラウマにならない事を祈らずにはいられません。
めろママさん、余り自分を責めないで…


     tulip~お返事~tulip


 pen《ハッピーベルままさんへ》

ハッピーベルままさん、
心配して頂いてありがとうございましたconfident
今週初めにしつけ教室があり、この事件があった事もあり、初めてリズを一緒に連れて行ったんですよ。そして今回のことを先生に話したら、ままさんと同じ事を言ってみえました。
首に噛み付く犬は、相当問題がある犬という事でした。
リズは、身のこなしが素早い(ちょろちょろしてる)ので、動くものを追う習性の犬(動物)には狙われ易いということでした。
今回、リズは無傷でした。
でも今回は、ただ運が良かっただけと、肝に銘じていますsweat02
色んな考えの飼い主がいるのだと、勉強したと思うようにしました。

 pen《セナさんへ》

セナさん、リズを心配して頂いてありがとうございましたconfident
リズは、運良く無傷でした。
でも、犬恐怖症になってしまったのではないかと心配していますsweat02。今のところそんな仕草はないのですが・・・。

セナさんと同感です。
今回のこの飼い主も、犬の心や気持ちなんて考えていないし、それを説明しても理解出来ない様な感じでした。
残念ながら、こちらのランで見かける飼い主さんは、こんな人があまりにも多いです。
悲しいことだし、その人達に飼われている犬はもっと気の毒ですdespair


 pen《モコさんへ》

モコさん、心配して頂いてありがとうございますconfident
本当に、運良くリズは無傷でした。
前編、変な終わり方ですみませんでした。めろママ、ここまで綴って力尽きました・・・wobbly

レオ君も噛み付かれたことがあったのですね。
今回、私も初めて自分の犬が噛み付かれる瞬間に出くわしたのですが、本当にビックリしますよね。と言うよりショックでしたよ~sad
モコさん同様、問題のある犬の飼い主って、共通して惨事が起こった後でも無責任な態度をしますよね。
この後のお話で、もっと酷い事があったんですよ~sweat01

 pen《ゆんこさんへ》

ゆんこさん、心配して頂いてありがとうございますconfident
どこの国にも無責任な飼い主がいるのですね。
この事があってから、ドックランでのトラブル事例を調べたら、本当に沢山の事故が起こっていることが分かりました。中には飼い主さん同士のケンカも・・・sweat02
今回、リズは無傷でしたが、それは運が良かったのだと思うようにしています。
それくらい、無責任な自分の犬の心を理解していない、いや、分かろうとしていない人が多いのですよ~despair
悲しいことですよね。その人たちに飼われている犬はもっと気の毒です。


 pen《かいままさんへ》

かいままさん、心配して頂いてありがとうございましたconfident
前編が変な終わり方で逆に心配させてしまいましたね。
めろママ、実はここまで綴って力尽きたんですよ~wobbly
ごめんなさいね。
リズは、本当に運良く無傷でした。でも今まで他のワンとも仲良くしていたリズが、犬恐怖症になるのではと心配でして・・・sweat02
かいままさんがこのランへ行ったときも、小型犬を大型犬エリアへ連れて行く飼い主さんがいましたか・・・。
私もいつも見かけますよ~。
酷いときは、たくさんいた小型犬エリアの犬達が大移動。
いつの間にか、ぱぴぱぴだけの貸切になった時もありましたcoldsweats02
なぜ、わざわざ小さな犬にとって危険な、恐怖を植えつけるような場所へ連れて行くのかが不思議で仕方ないです。
今回のことで、めろママも実際に色々な飼い主さんがいるということを勉強しましたよ。

何よりも、リズちゃんは無事なのでしょうか?
後編が気になって仕方ありません。
めろママさん、大変なショックでお辛かったと思います。

飼い主としての考え方や行動、常識と品格を疑ってしまいます。生き物に対する愛情のかけらも感じられませんね。飼っているワンちゃんも不幸にさせてしまいますし、良し悪しの分別がつかないマナー以前の問題に腹立たしい限りです。

皆が集う場所では最低限のしつけやコントロールできる状態にするのが飼い主の大切な役目だと思うのです。野放しにするとは・・・・、無責任極まりない。常識という「ものさし」から逸した自分本位、独りよがりな行為は許せませんね。

書き辛い内容だとは思いますが、後編についても頑張って書いて下さいね。

リズちゃん無事なのですね!!!
ホッとしました…(T▽T)
本当に、本当に良かったですね(ノД`)。・。
それにしても、無責任な飼い主さんですね!!!
許せませんっ(`ω´#)
こういう人達が増えるからペット税導入とかの議論が出てくるんでしょうね…

私もドッグランにリンネを連れて行く時は
周りのワンコがどんな子なのか見極めてから
フリーにしようと思います><

     tulip~お返事~tulip


 pen《kacoさんへ》

kacoさん、心配して頂いてありがとうございます・・・confident
今回の事、一緒にいた相方と今も時々話題にすることがあるのですが、「リズはドッグランをちょろちょろしていて、通り魔に襲われた様な感じだったからな~。」と言っています。
それ位、突然の一方的な襲われ方だったので、私も一瞬体が動かなくなりましたよ~sweat01
くりんちゃんも大怪我をした事があったんですね・・。あの可愛らしいくりんちゃんが流血した姿を目の当たりにしたら・・・、kacoさん、私よりもっと驚いたかもしれませんよね。
今後、こんな自分の犬の管理が不十分な飼い主が来ていると知らずにランへ出かけた時、どんな対応をすればよいのか悩みますdespair
自分の愛犬は飼い主である自分しか守れないですものね。

 pen《ティアラ姉さんへ》

ティアラ姉さん、心配して頂いてありがとうございますconfident
リズは、運良く無傷でした。
でも、本来ビビリのリズに怖い思いをさせてしまった事に落ち込みましたよ~weep
今までもリズが怖がる様な事が無いようにと気をつけて楽しく育ててきましたが、それが一瞬にして砕け落ちていく様な気がしました。
私もショックでしたが、ティアラ姉さんが言うようにリズが犬恐怖症になっていないかが心配ですthink
ゆっくりとリズの様子を見て行こうと思います。


 pen《anapanapaさんへ》

はい、もう本当に驚いたしショックでしたthink
確信犯・・・、そう一緒にいた相方も帰りの車の中で、「あれは、ドッグランに来る度にトラブルを起こしている犬だろう・・」と言っていました。
なので今回、無傷で済んだリズは運が良かったと思うようにしています。
anapanapaさんの言うように「飼育の免許制」、賛成ですよ~!最低限のマナーやルールでもよいので飼い主さんは勉強して欲しいですよね。
犬は飼い主を選べない・・・。このままでは、あの犬が可愛そうですdespair

 pen《ここあママさんへ》

ここあママさん、心配して頂いてありがとうございますconfident
リズは無傷で大丈夫でした。
私もいつもオフ会で会う躾を頑張っている、ワンと楽しく生活している皆さんに慣れてしまっていた為か、この様な飼い犬の管理が不十分な人に出会い、悲しかったですthink
そしてあの犬が気の毒に感じましたよ。
やっと今は、この出来事を落ち着いて振り返れますが、3,4日は、流石のめろママも落ち込んでいました。


 pen《マックスママさんへ》

マックスママさん、心配して頂いてありがとうございますconfident
モンモンとしていためろママも皆さんのコメントを順々に読んで行くうちに少し元気になってきましたよdelicious
今回のことで本当にドッグランには色々な考え方の飼い主さんが来ていることを思い知りました。
「だだ自由にすることができるから・・」、本当にこんな考えの人がいるんですよね。
自分の犬は飼い主さんが守るしかないって実感しましたよ~。
あの優しいマックス君も怖い目にあったんですね。マックス君も後々の様子から怖かったんでしょうね。
ビビリのリズも今回、どれだけショックを受けたのかを考えると申し訳なくて・・。今後の様子を注意して見ていきます。

 pen《パトリシアpapaさんへ》

パトリシアpapaさん、心配して頂き、そして私が伝えたかった思いと同意見のコメントを残して頂いてありがとうございますconfident
つたない文章で、今回、何が起こったのかを伝えるだけで必死でしたが、パトリシアpapaさんがストレートな意見のコメント下さり、本当にありがとうございます。

リズは、運良く無傷でした。
が、今回、どれだけ気をつけていてもこんなトラブルが起こるのだと実感しました。そして自分の愛犬は自分が守るしかないとも。できれば、こんな飼い主さんが、ちょっとでもいいのでマナーやルール、躾の必要性を勉強して欲しいですthink


リズちゃん大丈夫だったんですね。
本当に胸を撫で下ろしました。
でもリズちゃん他のワンコが苦手にならないか心配ですね。しばらくは心の傷を癒してあげてください。

最近つくづく思うのですが、本当に残念なことに最近の飼い主は愛犬の躾以前に、飼い主の資格自体疑うような方が大勢いるような気がします。(仕事柄つくづく思います。)

ドッグランに連れてくる子は最低限『待て』と『呼び戻し』ができないのであれば入場させるべきではないと私は考えていますが、ドッグランに来る人は全員が同じ考えでないことも事実ですし、それ故事故が多いのも事実。

なので私達は混んでいるようなドッグランには絶対に行かず、多少遠くても且つ平日の空いているときしか行かないようにしています。また、一人で散歩に連れていく時は何かあった時でもすぐ対処できるよう面倒でも1頭ずつ連れて行くようにしています。

リズちゃんが無事だったことは本当に良かったと思います。めろママさんもあまりご自身を責めないようにしてください。

      tulip~お返事~tulip

 pen《ともえさんへ》

はい、ともえさん、リズは運良く無事でしたよ~confident
心配して頂いてありがとうございます。
ワンって、どんな行動をするのか分からないけど、この飼い主も何を考えて行動をするのか全く分からない人でした。
いつの間に何故、再び戻ってきたのか?
どうして、戻ってきて直ぐに犬をフリーにさせたのか・・・。
こんな自分の飼っている犬の気持ちを理解しきれていない人を目の当たりにした日でしたよ。
ともえさんの言うとおり、周りのワンたちに注意して、見極めも必要ですよねeye
それをすることでトラブルに合わなければ、全然面倒なことではないですよねconfident

      tulip~お返事~tulip

 pen《かれん&しおんパパさんへ》

パパさん、的確なご意見ととても良いアドバスのコメント、そしてリズを心配して頂き、ありがとうございましたconfident
確かに考え方の違いから様々なトラブルが起こりますよね。
今回も、ドッグランに行くこと以前の問題だったのかもしれませんthink
そんなトラブルに巻き込まれないように自己防衛として、あえて空いているドッグランや時間帯を選ぶ考えも必要ですね。
あの時、こうしていれば・・の後悔より、その方が気持ちよくドッグランを楽しんで帰って来れそうです。
かれん&しおんパパさん、ありがとう~!

ビビリのリズが犬恐怖症になっていないかも心配ですが、ゆっくりとリズの様子を見て行きますね。

めろママさん、
まだ落ち着かれてないと思いますが、
リズちゃんのことがとても心配でコメントすることがなかなかできませんでした。
うちのルナパパにそのことを話すと、かなり怒って、俺なら相手の犬を蹴ってやるとまで言ってます。
わたしもできることならそう思いました。
つらいことと思いますが、リズちゃん、めろママさんがんばってください。

      tulip~お返事~tulip

 pen《ルナままさんへ》

ルナままさん、そしてルナパパさん、リズのことを我が子(犬)のように心配して頂いてありがとうございますweep
リズも私ももう落ち着いているので、大丈夫ですよ~confident
衝撃的な話しなので、ブログにUPするか本当に迷いました。
UPする事は、相手を非難することにもなるので複雑でした。
しかし、このようなトラブルがあった事を今後ドッグランを楽しく利用する上でもみなさんに知ってもらった方がいいと判断しました。
この話題が終わったら、またいつもの楽しいブログを綴って行きたいですpencil

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新春☆リズのお里訪問 | トップページ | 衝撃的な出来事☆後編 »