« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

ふくろう☆梟☆

北海道へ旅行中、休憩の為寄ったドライブインで、手彫りの

フクロウ・グッズを売っている方がみえました。

フクロウって、幸福を呼ぶ鳥ってお土産物や置物グッズが多いですよね。

特に観光地では必ずと言っていいほど目に付きます。

めろママは、フクロウ・グッズは1つも持っていませんでしたが、なぜかそのフクロウが気になって足を止めました。

お兄ちゃんが、一生懸命に説明してくれます。

多分、説明を聞かなくてもめろママ、購入していたと思います。

Omy1

この子、北海道の木で彫られている、フクロウくん。

よく見ると、お腹の透かした網目の中にミニ・フクロウちゃんが1匹居ます。

一つの木から作っているので、このなかのミニ・フクロウは歯医者さんが使うような、ほそ~い彫刻刀で時間をかけて彫っているそうです。

そのため、時間と手間が掛かるので多くは作れないそうです。

Omy2

北海道のアイヌ人は、「ふくろうは守護神(コタンコロカムイ)神様として扱われる」そうです。

このふくろうくん、今は我が家の玄関に飾ってあります。

我が家の守護神として居てくれてるのかな?

今日は、折角の週末なのに雨の為、散歩が出来ませんでした。

でも夜、遅くには雨も上がったので、家族全員で散歩に出かけました。

帰宅後、リズは・・・・・・・・・・・、

Omy4

恐竜くん2世をカミカミカミ・・・・・・・。

めろんくんは・・・・・・・・・・・・、

Omy3

なんだか、眠そうです。

いつもと違う、遅い時間にいきなり散歩で疲れちゃったかな?

2007年9月29日 (土)

北海道☆珍道記☆その6

今日は、休日返上で激務が続く相方が珍しく早く帰宅したので、新千歳空港で購入してきた、スウィーツの一つ、

雪印パーラーの『ロイヤルスペシャルバニラアイスクリーム

を一緒に食べてみました。

Isk1

ブルーベリー・ソースをそえていただきました。

これ、定評通りミルクの味わいがしっかりしてて、コクのあるバニラアイスでした。

“ロイヤルスペシャル”って、ネーミング通り、とっても美味しかったです。

アイスクリームをお土産に?って、とけてしまわない?って心配ですよね?

でもお店の人がちゃんと8時間は大丈夫な様に、ドライアイス入りのBoxにきちんと梱包してくれます。

自宅でBoxを開けてみたら、まだ大きなドライアイスがゴロゴロしている中にちゃんとカチンコチンの『ロイヤル』が入っていました。

それでも食いしん坊でアイスが心配なめろママは、購入する時にお店の人に、

「絶対、8時間は大丈夫??」

って、聞いたら、お店の人、

「絶対に大丈夫です!!」

と、自信満々に答えただけありましたネ。

さて、今回やっとのこさ最終話、北海道☆珍道記☆その6 のはじまりです。

北海道3日目、積丹半島の次は、本日の宿泊するニセコ温泉郷へと向います。

しか~し、ガイドさんが、

「本日はよく歩く日です。」

と言うだけあって、もう一つ立ち寄るところがありました。

“ニセコ神仙沼”です。

Hka13ここ、下調べもしていなかったので、ただの沼?の見学?と思っていたら・・・・・、

駐車場から、ここへ着くまでの遊歩道(森の中)、遠い、遠い。

父親の後を歩く、歩く。

父親もえっさ、ほいさっ、と、歩く、歩く。

Hka11

森、木、森、林、森、森、モリ、もり・・・・・・。

森の中を20分位は歩いたでしょうか?

Hka12

いきなり大湿原が現れました!

その大湿原を更にどんどん、どんどん歩いて行くと・・・・・。

Hka14

やっと、“神仙沼”に到着です。

おお、大湿原の中にある湖のような、“神仙沼”。

名前通り、神秘的です。龍でも住んでいそうです。

しかし、遠かった~。

ガイドさん曰く、

「もう、天気が悪くて薄暗くなっていたので、いつ熊が出てくるかヒヤヒヤしていましたよ~!」

「クマ」って、早く言ってよ~!

知っていたらバスの中で待っていたのに~!

さて、やっと長い3日目も終了。

ニセコ温泉郷で体の疲れを癒して、4日目の朝、またまた5時起きにて、温泉に入って帰り支度。

新千歳空港で、大好きなスウィーツを購入してセントレアまでひとッ飛びです。

Hka18

帰りの飛行機から、富士山が見えました。

やっと天気が良くなってきたのかな?

でも、傘を使うことなく北海道を満喫する事ができたので、

よしっ、としましょう。

今回の旅、大変、移動距離が長く疲れましたが、何事もなく両親と一緒に紅葉前の北海道でしたが楽しむ事ができました。

今度は春の北海道を再び訪れてみたいなと感じましたね。

2007年9月28日 (金)

北海道☆珍道記☆その5

さて、3日目の北海道は、よく歩く日でした。

と言っても3日目ともなると疲れも出てきてるのに、

更に体に鞭打って・・・、という感じでした。

本日は、“秘境・積丹半島”へ訪れました。

しかし、十勝川温泉から積丹半島への移動、半端ではありません。

バスの中、み~んな寝てます。

北海道は、でかいです。

さあ、日本の渚100選にも選ばれている、“島武意海岸”へ到着です。

こちらの海岸、人一人が通れる位のせまーいトンネルを抜けて行かないと海岸へ出られないちょっと変わったところ。

Hka5

あまりにも狭いので、団体でトンネルへ入ると前の人で出口の光が見えなくなり、目の前が真っ暗。

Hka6

ほん~とに真っ暗で、

前を歩いていた父親に

何回もぶつかってしまいました。

でも、トンネルを抜けると・・・・、

広がる青い海と、岬。

Hka7

“シャコタン・ブルー”といわれる由縁通り、

海の色がブルーです。

この高台から下の海岸までの遊歩道(階段)がありましたが、我が家はもう旅行の疲れで、この場所から景色を満喫。

十分ですよ。

とっても海の見晴らしが良くて気持ち良いですもの。

一足早く、また、真っ暗なトンネルを抜けて、駐車場横のレストランのベンチで休憩。

Hkai1

両親、ソフトクリームをほおばるひと時。

次はここから、車で20分位の“神威岬”へ訪れました。

Hka8

こちらも駐車場から、徒歩20分位

いや30分はかかるかも・・・、

歩かないと“神威岬”の先端へは行けません。

この“神威岬”、日本海有数の海の難所といわれてて、

その昔、落ち延びた伝説の義経を慕う純真なアイヌの

首長の娘の怨念が、女性を乗せてここを通る船を

転覆させたことから、長くこの岬一帯は女人禁制と

なっていたそうです。

Hka10

こちらの門まで

駐車場から徒歩10分位かな。

女人禁制の門。ここから先は女性はダメ。

勿論、現在はOK!

北海道にはいろんな伝説がありますね。

めろママもくぐってみましたが、岬の先へは行きませんでした。

お疲れの我が家は、またまたこの門の横にある見晴らし台のベンチで休憩。

Hka9

この続くよ、続く・・・、遊歩道の先が岬です。

この先端へ行ったのは、私達の団体では3人だけ。

みんな流石にお疲れですよ~。

北海道の話題も長くなりましたが、まだちょっとあるよ~!

でもそろそろ終わりたいと密かに思っている、めろママ・・・。

でも、~☆珍道記☆~まだ続くよ~。

2007年9月27日 (木)

北海道☆珍道記☆その4

今日も先日の北海道土産のスウィーツでおやつタイムです。

本日のメニューは『牧家の白いプリン』です。

これ、旅行前に新千歳空港で人気のスウィーツを調べていた

ら、妙~に美味しそうに感じたので購入してきました。

Swh1

ミルクプリンと思ったら凄く濃厚でまるでチーズケーキを食べているようなお味。

食感もモチモチっとして、とっても美味しいです。

面白いのが、この風船のような入れ物。

Swh2爪楊枝でこの風船

に穴をあけると

プルリンッと

プリンが出てきます。

面白いです。

さて、珍道記の続きを・・・。

旭山動物園の後は、その日の宿、十勝川温泉に向います。

その途中で、層雲峡へ寄りました。

Hka1

本来なら紅葉の断崖の“銀河・流星の滝”のはずが、

紅葉なんて全然。

大雪山の頂上だけ、真っ赤に紅葉してましたが、曇り空の中、一瞬の雲の晴れ間にチラリッと見えたくらい。

まわりは、緑、ミドリ、みどり、・・・・でした。

本日、宿泊の十勝川温泉は、美肌の湯と言われ

植物性モール温泉です。

入浴して直ぐにホントに肌がスベスベ!驚きです。

いや~、3ヶ月くらい滞在したら、きっと美しくなるかしら??

Hka2でも宿の玄関にはこんな

大きな“ツキノワグマ”の

はく製があるいかにも

北海道の温泉宿でした。

コレ、見て、今日の

旭山動物園のシロクマを

思い出してしまいました。

さて、北海道も3日目。

美肌の為、朝の5時に起床して温泉入浴、朝食後、出発です。

最初の休憩場所、日勝峠のドライブイン。

Hka3

十勝平野の眺めがいいはずが、厚い雲でこんな感じです。

このドライブインで、我が家は“さらさら日高昆布”という

「高血圧・高血糖・高コレステロールの方におすすめ!」

なんてうたい文句の昆布を購入。

ホントかいな?と思いつつ、まあお奨めなら・・・・とね。

この昆布、後のお土産紹介でお見せしますネ。

Hka4のどが渇いた私はお茶を

購入したのですが、バスの中でこのお茶を飲んで、

何かクセのあるお茶だな~と

よく見ると“くまささ茶”?

「北海道産くま笹使用」と書いてあります。

そういえば、何となく笹の香りっぽい。

北海道にはいろいろな飲み物があるのだな~と関心してしまいました。

もう、そろそろ~☆珍道記☆~も終わりたいけど、

まだまだ続くみたいですよ。

2007年9月26日 (水)

リズの☆コットンローベッド

北海道☆珍道記☆もちょっと小休止。

疲れました~。

北海道土産で購入した“六花亭”のチョコレートで今日もオヤツタイムです。

Sks1

海鮮類は買わず、スウィーツ類を沢山購入してきたので、

暫くはオヤツに恵まれている我が家。


今朝、リズ用のローベッドが届きました。

めろんくんもリズもサークル内のベッドでいつも寝ていますが、このベッドでの寝方・・・。

めろんくんは、ちゃんとベッド内で丸くなって寝てるのにリズは・・・・。

ベッドからはみ出ようが関係なく、無防備に真っ直ぐ伸びて寝てます。

それを見るからにリズには、ふちが低いローベッドの方が良いと思い探していました。

出来れば通年を通して使えるタオル地でサークル内に

置ける大きさのと思ったのですがなかなかなくて、

やっとインターネットで見つけて注文しました。

その上、セール中(何と70%OFF!)でお安くて、オマケまでついていました。

このコットンローベッド、思ったより作りもしっかりしてて、

洗い換え用とで3つ購入して大正解でした。

Sks2

送料無料の関係もあって、来年の“The Dog”の

パピヨン・カレンダーをついでに注文。

Sks3

もう、来年のですよ!早いですよね~、月日が経つのは!

オマケは、犬型のドア・ストッパーと“ミルクのおやつ”。

Sks4

『このオヤツって、リーちゃんの??ベッドも??』

と、思っているかは解りませんが、嬉しそうなリズ。

これでリズも心置きなく気持ちよく伸び~て寝れるね。

2007年9月25日 (火)

北海道☆珍道記☆その3(旭山編3)

『ほっきょくぐま館』で、興奮した後は、『ぺんぎん館』へ。

Hka24

『ぺんぎん館』の外にあるプールには人だかりが・・・・。

遠くからでも人がプールを囲ってるとわかります。

こんなに近くでペンギンたちを見学できます。

Hka15

もう、手を伸ばせば、さらって行けそうな距離です。

でも、当たり前ですが、誰も触りません。

Hka14

ペンギン、近くでみると迫力のあるキツイ顔してます。

季節的にあまり身動きはしないみたいですね。

やっぱり冬場の方が動きがいいのかな~?

その中で、この子だけは・・・、

Hka25

ペタ、ペタ、ペタと忙しそうに歩いていました。

Hka16

『ぺんぎん館』の水槽内でも泳いでサービスしてくれているのはこの子だけ。

ちょっと寂し~い『ぺんぎん館』。

真冬の方がペンギンくんはきっと元気なんでしょうね~。

Hka19

『もうじゅう館』のライオンくんもヒマそうです。

Hka18

トラくんは、なぜかイライラしてるかのように、同じところを

行ったり、来たり・・・・。

時々、見学者を睨んでおりました。

Hka20

オラウータンは、たかーいところで動きません。

居心地いいのでしょうね~。

ここ、相当高いところです。

最後に、これ自動販売機です。

Hka21

なかなか、考えてますね~。

因みに、旭山動物園にはゴリラはいないそうですが、

こんな自動販売機も動物園ならではで工夫があって面白いですね。

(旭山編)はここまで。

えっ、まだまだ続くの?? ~北海道☆珍道記☆~

2007年9月24日 (月)

北海道☆珍道記☆その3(旭山編2)

あざらし館の次は、『ほっきょくぐま館』です。

こちらは、入館に少しだけ列が出来ていました。

入館すると・・・。

いますよ、います。ホッキョクグマが2頭。

Hka6

ウロウロしてます。

うんっ??

Hka8_2

水辺へやって

来ましたよ~。

いきなり、ドッバア~~ンッ~~!!

Hka7

目の前、泡だらけで、何がなんだか、わかりませ~んっ!!!

Hka9

次の瞬間、目の前に巨大な、シロクマッ!!

Hka10

次の瞬間、シロクマの足裏っ! 

肉球だ~っ!

次の瞬間、なぜか、めろんくんの肉球を思い出す、めろママ。

Hka22_2

そんな事考えてたら、またまた、シロクマ、

右側から戻ってきました。

Hka11

ひえ~~っ、シロクマ、泳ぎが早やすぎです~!

Hka12

あっ、というまに目の前をシロクマ通過!

迫力、ありすぎです!

こんな飛び込みと泳ぎを毎日、毎日、何回してるのやら、シロクマ君たち。

お疲れ様です。

Hka13

外の広場でくつろいでる、シロクマくん。

この子は今日は休憩中?

手前にある、半球型の丸い透明なモノ。

ここの中からシロクマくんを近くで覗き見ることが出来ます。

いや~、『ほっきょくぐま館』、凄かった。

めろママ、本日、一番の興奮だったかもしれません。

『みんなの白くまシュー』を食べて挑んだだけの価値はありましたね!

興奮の(旭山編)、まだまだ続くよ。

北海道☆珍道記☆その3(旭山編1)

昼食後、富良野から旭川まで大移動です。

旭川の日本で一番北にある、今、大人気の「旭山動物園」

を訪れました。

Hka1

この日は、連休をはさんだ平日の午後。

ガイドさんは、「まだ、今日は人が少ない方です。」

と言っていましたが駐車場の観光バスの数、

半端じゃありませんでした。

Hka2


団体の出入り口は

旭山の頂上。

メインのあざらし館やほっきょくぐま館、ぺんぎん館は、麓付近に集中しているので、みんな入場したらモクモクと山を下っていきます。

その途中にある小さなログハウス風の売店で、めろママが狙っていた旭山動物園限定販売もの『みんなの白くまシュー』を購入。

Hka22

これ、シューの中には、白いカスタードクリームが入っていて、
表面にはホワイトチョコがコーティングされ、超・美味しかったです。

お昼ご飯を少な目にしていれば2個は食べれたかも・・・。

Hka17

さて、いよいよ最初にあざらし館へ。

ガイドさん曰く、この旭山動物園が全国に知られるようになったきっかけは、あざらし館の建設だったそうです。

Hka3

そう、白クマの飛び込みでも、ペンギンの行進でもなかったんですね。

中へ入ると真上をアザラシがやってきましたよ~。

きた、きた~~っ!

Hka5

当たり前だけと、泳ぐの早いぞ~っ。

Hka4

あっという間に目の前にある透明の筒を通過!!

これをお客さんが、ウズウズする位の間をあけて、

次、次っと、アザラシくん、この筒を通過してくれます。

面白いですわ~。

ここのアザラシは人間を喜ばす魅せ方を知っているようですね~。

私でコレだけ喜んでいるので、小さなお子様なんてもっと大喜びで楽しいでしょうね。

くどいですが、まだまだ続くよ、(旭山編)。

2007年9月23日 (日)

北海道☆珍道記☆その2

北海道2日目の朝は5時起床し、温泉へ。

そういえば、今回の旅行は毎朝5時起きでしたね~。

出発が早めというのと、ゆっくり朝から温泉と朝食、出発の準備をしたかったのもあります。

何しろ、身動きもゆっくりなお年寄り両親との旅行ですからね。

登別温泉の朝風呂と朝食の後、本日の最初の訪問地、富良野地方へ。

十勝連峰の眺めがよい、“フラワーランドかみふらの”

到着です。

Hk21

曇り空の為、十勝連峰の山並みもイマイチ。

Hk23

こちらでは、園内を1周してくれる「トロッコ・トラクター」に乗車。

名前そのまま、大きなトラクターがトロッコを引いてくれてる乗り物なんですけどね。

Hk22

ゆっくり園内を10分くらいでまわってくれます。

Hk25ガタゴト、ガタゴト・・。

寒い日や雨や風の強い日、足腰の弱い人には

とってもありがたい乗り物ですね。

Hk24

季節的にも色とりどりのお花畑というわけではありませんでしたが、この赤・黄・紫・ミドリのコントラストは綺麗でした。

Hk26_2

園内のラベンダー畑。

秋は、お花の季節ではないので、こんな感じです。

走るバスからもこんな畑が富良野地方のあちこちにみられたので、春は、この一面にラベンダーが咲いていると思うと、春の北海道へ来てみたいと思ってしまいました。

ラベンダーの香りは安眠を誘うといいますよね。

私も大好きな香りなので、リース型のポプリを売店で購入してしまいました。

トイレ用にと思ったのでですが、可愛いリースの上、香りも良いので玄関へ飾りました。

午後は今回の旅行で私が一番楽しみにしていた“旭山動物園”へ訪問です。

富良野から美瑛の丘を車窓から眺めつつ旭川へ大移動です。

まだまだ、続くよ、~☆珍道記☆~。

2007年9月22日 (土)

北海道☆珍道記☆その1

先日、行ってまいりました、北海道。

今回は久しぶりの両親と3人での旅行でした。

申し込んだのは3泊4日、

“秋彩の大雪山・秘境積丹と旭山動物園”

と題したツアー。3泊のお宿は北海道を代表する温泉地。

なかなか、お手頃でお得なツアーでしたが、北海道は広大な

大地だけあって、移動距離が長い、長い。

ガイドさん曰く、この4日間での移動距離は1000Kmを

超えてたそうです。

ひえ~っ、バスの運転手さん、お疲れ様でした。

さて、さて。9月18日の午後、中部国際空港セントレアから新千歳空港まで出発です。

Hkd1

手前は今回搭乗するJAL便。

奥は“たまごっち”バージョンの機体のJAL機。

お子様が喜びそうですネ。何処へ飛んで行くのかな~?

本日は北海道の初日に宿泊する登別温泉までの移動のみ。

Hkd4

この登別温泉、11種類もの源泉が沸く日本でも珍しい

温泉地。

各宿にもだいたい3種類くらいの源泉湯があるそうです。

今回、この初日の宿のみグレード・アップ料理をお願いしました。

ダイニング処で“海鮮しゃぶしゃぶ”料理です。

やっほ~~いっ!

Hkd5

“海鮮じゃぶじゃぶ”には、新鮮な魚の他に

“湯葉とカモ肉”や“鮭のじゃんじゃん焼き”、茶そば、・・・etc

と盛りだくさん。

バイキングで他の料理も食べれますが、この基本の“海鮮しゃぶしゃぶ”だけでもお腹一杯です。

天ぷらやステーキも目の前で調理してくれたり、とても美味しかったです。

特に、“じゃんじゃん焼き”の甘みのある味噌は美味でした。

味噌がいいって思うのはやっぱり北海道へ来ても名古屋人?

Hkd3

これ、

何かわかりますか??

小さな “竹の器” 

3つ積み上げてあります。

この中に、バイキングの

デザートで食べた

「ミルクプリン」が

入っていました。

そう、めろママ、ミルクプリンがあまりにも美味しかったので3つもたいらげてしまいました。

両親も私のデザートは別腹姿にはさすがに驚いて笑っていましたね~。

ホント、何処へ出かけても食いしん坊の美味しい物大好きなのは変わらないですね~。

まだまだ、続くよ~☆珍道記☆~

2007年9月21日 (金)

帰宅☆とお迎え

本日、無事に北海道旅行から帰ってまいりました~。

今週は、あいにく北海道は雨が多かったのですが、訪れる先々で雨が止んでばかりだったり、帰りがけに雨?という様な感じで、傘を使うことなく旅行することが出来ました。

ガイドさん曰く、

『参加されたお客様のなかに強力な晴れ女、晴れ男の方がお見えなんでしょうか?』

と幸運な天候に驚いていました。

Hki1

しかし、曇り空が多い為に残した写真の出来栄えはあまり良くないのが残念。

でも贅沢は言ってられませんね。

北海道の話題は少しずつ整理してブログへ残して行こうと思っています。

というか、今夜は疲れて・・・・、もう眠りたい・・。

Hki2

心配していたぱぴぱぴも、いい子でペットホテルにて留守番していたらしくスタッフのお姉さんに褒めてもらって帰宅。

2匹とも帰ってからは嬉しいのか興奮して走りまわって大運動会。

やっぱり、お家が一番なのかな?

2007年9月18日 (火)

準備☆万端!

ふふっ、ブログ、お休みと思ったら更新してますよ~!

何しろ、気まぐれですからネ。

本日出発の北海道へは、午後のフライトなので朝はゆっくり。

めろママ、いつも旅行の準備は前日ギリギリでして・・・。

過去に当日の朝、準備して海外旅行へ出発した時もありました。

昨夜もバタバタとあれこれとガバンに放り込んでいました。

悩んだのは、何しろ季節の変わり目なのでどんな服装を用意すればいいのかわかりません。

まあ、温度調節できる服装でいいでしょう~!


しかし、ぱぴぱぴがいないと我が家はホント静かです。

寂しい・・・・。

昨日からペット・ホテルからは何の連絡もないのできっと2匹も大丈夫でしょう。

そう思いたい!!

でもっ!めろママ心配で、先ほどホテルへ電話してしまいました。

「2匹とも元気で、はしゃいで朝の散歩へ行きましたよ~」

とのお言葉。

良かった~。でも心配して寂しがっているのは私だけかいっ!

Spt1

でも安心して出かけられます。

では、行ってきます~。

2007年9月17日 (月)

さよなら☆リーちゃん、めろんくん☆

と、意味深なタイトル。

ついに「気まぐれ☆ぱぴぱぴLife」、気まぐれに最終回?

いえいえ、とんでもありません~。

でも・・・、

Syn2

さよなら、リーちゃん。

Syn3

さよなら、めろんくん・・・。




5日間だけ。

はい、めろママ、明日18日(火)から21日(金)まで両親と北海道旅行へ行ってまいります。

すみません、前置きが長くて。

相方は今週から激務が始まり、お世話が出来ないので、今日からぱぴぱぴはいつもお世話になっている、ホテル住まいに。

午後、お二方を送迎してきました。

めろんくんは、ここのスタッフのお姉さん達、み~んなが大~好き。

お姉さんに抱かれて、毎度、毎度のこの笑み・・・・。

Syn1

あなたのこんな嬉しそうな顔、私は久しぶりに見ます。

何となく寂しいような・・・・。

でもいつもこんな笑顔なので、最近はもう慣れました。

対象なのがリズ・・・。

私はあなたが一番心配ですよ~。

今回で2回目のホテル利用のリーちゃん。頑張れ!

Syn4

落ち着かないのか、事務所内をウロウロウロウロ・・・・。

そのウロウロの速さにカメラが追いつきません・・・・・。

最後には、お姉さんと打ち合わせ確認をしているめろママの横にオ○ッコの大粗相をしてしまう始末。

リーちゃん、ビビリ・全快だね~。

でも初めてじゃないからネ。お姉さん達に可愛がってもらうんだよ~~!

北海道のお土産、買ってくるからね~っ!

いい子にしてるんだよ~っ!

と、帰宅していつものお散歩の時間になると、あっ、今日はしなくていいんだと、ぱぴぱぴが居ない事、忘れているめろママ。

部屋の中が静かすぎて、寂しいです。

*18日~21日は、旅行の為ブログの更新はお休みします*

帰ってきたら、両親とのすったもんだ北海道旅行をご報告いたしますね!

21日夜の更新を目標としています。

お楽しみに~!

もちろん、引き続きぱぴぱぴの様子も伝えま~す。

リーちゃん大丈夫かな~?

2007年9月16日 (日)

ひつまぶし☆と囚人

今日は、この地方で鰻料理の“ひつまぶし”と言えば、

あつた蓬莱軒』。本店へ行ってまいりました。

『あつた蓬莱軒』のHPより・・・、

「ひつまぶし」は、明治末期蒲焼にした鰻をのせたご飯を大きなお櫃に入れてお座敷にて女中さんが小分けしてお客様に召し上がっていただいていたのが始まりです。また「ひつまぶし」はあつた蓬莱軒の登録商標で御座います。

というように「ひつまぶし」はこのお店が元祖という訳です。

そのため最近では、TV、雑誌に取り上げられ、芸能人までもがお店にやってきて取材されてます。

今日は日曜日の雨だった為か、11時30分にお店へ行くと、

「13時45分に来てください。」

「・・・・・。」

Ung1_8

お店前も、外まで人があふれています。

で、時間を潰して再度来店。

更に待たされ、結局席に案内されたのは、14時15分。

「ひつまぶし」にありついたのは、15時近く。

Ung2_2相方曰く、「もう、二度と行かない!」とキレ気味。

仕方ないよね。これだけ待たされたら。

でも「ひつまぶし」のお味は流石にとっても美味しかったです。

Ung6_2駐車場待ちで多数連なっている車たちのナンバーは、

「八王子」、「横浜」、「浜松」、「大阪」、「京都」、「神戸」、「福井」、「富山」・・・・。

恐ろしく遠い県外からの車がぞくぞくと並んでいます・・・・。

いくら近くてもこの混み具合と待ち時間は気軽に足は運べない印象でした。

行くなら平日ですね。

この待ち疲れの気分晴らしに、次はよく行く『イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター』でお買い物です。

今日はお留守番中のパピパピへのお買い物は・・・。

トリートメントと以前から欲しかった可愛いカッパをみつけたので購入。

それから、おやつに手作りクッキーのばら売りを1つ。

今日は台風の影響か雨が降ったり止んだり。

早速、帰宅してからカッパの出番です。

リーちゃん。

Ung4

めろんくん。

Ung52匹、おそろいだけど・・・・、なんだか囚人服みたい。

相方も同意見。

カッパってこんなもの??

Ung7四葉のクローバー柄に後ろ足にはてんとう虫のワンポイント。

可愛いはずなのに、囚人服みたいなのは、なぜだろう??

まあ、あまり気にしないっと!
さあ、散歩へ行きましょう!

難病のお願いのバトン

いつも、遊びに来てくれる、モコさんからのバトンです。

宜しくお願いします。

ムコ多糖症 Mucopolysaccharidosis、MPS

この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。
しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られていません。

(日本では300人位発病)

つまり社会的認知度が低い為に今、厚生省やその他製薬会社が様々な理由を付けてもっとも安全な投薬治療をする為の薬の許可をだしてくれません。

《ムコ多糖症》は日々病状が悪くなる病気で、発祥すると殆どの人が10~15歳で亡くなります。

8月7日「SCHOOL OF LOCK」というラジオ番組で湘南乃風の若旦那が語ってから私達に出来ることを考えました。

それで思いついたのがこのバトンという方法です。

5~6歳の子が厚生省にスーツ姿で出向いて自分達が生きる為に必死に頭をさげてたりしています。
この子達を救う為に私達ができる事は、この病気を多くの社会人に知ってもらって早く薬が許可されるよう努力する事だと思います。

みなさん協力を、お願い致します。

[ムコ多糖症]
ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、

体内に蓄積することで様々な異常が引き起こされる病気。

多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。

重症の場合は成人前に死亡する。

今のところ有効な治療法が無いので、骨髄移植や遺伝子治療の臨床成果が待たれる病気の1つである。

リンクしてます。

http://www.muconet.jp/

★この本文を 日記に貼り付けてください。

※善意有るブロガーさん達が何か力になれば・・・とバトンを手渡ししてます、

  お時間のある方は御願いします。
  家庭や職場でも話題に上げて頂けると更に広がって行くと思いますm(_ _)m

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

10月6日、史上最大の「ムコ多糖症支援チャリティーライブ」が開催されます

この秋、ムコ多糖症の歴史に新たな伝説の1ページが刻まれます。
10月6日「横浜アリーナ」で、

ムコ多糖症支援のための一大チャリティーライブが開催されます。

このライブは、「湘南乃風」の若旦那さんを中心とする

「てるてるいのち実行委員会」が主催され、

ムコネットも企画段階より、微力ながら協力させていただいております。
イベントの概要は、以下のとおりです。

てるてるいのち2007 第一章 『一億3千万分の300=0ですか? 』

* 日時:2007年10月6日 15:00~
* 場所:横浜アリーナ
* 出演:絢香
     ORANGE RANGE
     湘南乃風
     DJ OZMA
(50音順 敬称略)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ムコ多糖症とは、正式にはムコ多糖代謝異常症といいます。

ムコ多糖(アミノ糖を成分にもつ多糖の一群)を分解する酵素が、生まれつき欠けていることにより、全身(特に皮膚、骨、軟骨などの結合組織)にムコ多糖の切れ端(デルマタン硫酸、ヘパラン硫酸、ケラタン硫酸)が蓄積し、種々の臓器や組織が次第に損なわれる進行性の病気であり、治療がとても難しい病気です。

現在政府で認められている45種類の難病のうちの「ライソゾーム病」の一種です。

どうか、この命のバトンを引き継いでいただけることをお願い致します。

2007年9月12日 (水)

○型☆クッション・カバー

今日は、「土岐プレミアム・アウトレット」へお買い物へ行ってきました。

実は先週末に相方と出かけたばかり。

その時に迷った挙句、買わずに帰ってきたものがあって、

次の日になってもめろママが、「やっぱり、欲しいな~。」とぶつぶつ言っていたら、

相方、「明日、買って来たら?平日ならすいてるしね~。」と。

で、本日、再び行ってまいりました。

でも、まだ売れていないかなー?と言う様な心配は無用で、

まだちゃんとお店にありました。良かった~っ。

めろママの目指していた買い物も終わり、ふらふらと、「Dog  Dept」を覗いてみると

丸型のドッグ・クッション・カバーに目がとまりました。

これは!これは!我が家のボロ・丸型クッション・カバーに

ピッタリではありませんか! と、ご購入!!

カラーがイエローとブルーがあり、我が家のリビング・カラーを

考えるともちろん、イエロー。

しかし、イエローの在庫は1個のみ。

ちょっと迷いましたが、仕方ありませんね。

めろんくん=男の子カラー=ブルー。

リズ=女の子カラー=イエロー。で、納得しましょう。

めろママ、こだわり、全くありません!モノは考え様です。

帰宅して、まずイエロー・カバーをセット。

Csn1_2

めろんくんが、いち早くクッションを独占しています。

新しいグッズがやって来ると先ずはめろんくんが様子を伺う事が多いですね。

次は、ブルー・カバーをセットします。

リズがまわりをウロウロしてます。

Csn3_2

セットし終わると、リズもクッションに乗っかってこの笑顔。

しか~し、一瞬リズがクッションを離れると・・・。

めろんくん、ブルー・クッションも占拠!!

これにはリズ、怒った。

Csn5_2

リ : 『うがっーーーーーーーーーーーーっ(怒)!』

め : 『へっへっーーーん、これもぼくんだよーっ!』

リ : 『うがっーーーーーーーーーーーーっ(怒)!』

Csn4_2

リ : 『こっちのは、リーちゃんのだよ~~!』

め : 『そんなん、知らないよーーん!』

リ : 『うがっーーーーーーーーーーーーっ(怒)!』

はい、はい、リーちゃん、イエロー・クッション、

だれも使っていないよ~?

Csn7_2

リ : 『あっ、ホントだ~!』

良かったね~。新しいクッション(カバーだけ)、

リーちゃんのもちゃんとあるよ!

Csn6_2この、クッション・カバー、側面には「Dog Dept」のネーミング。

水玉模様のような柄は、ワンコ・マークの絵柄でとっても可愛らしいです。

リズも成長したので、この可愛いカバーを破壊しない事を祈りたいです。

2007年9月11日 (火)

リズ☆の湿疹

3日くらい前から、リズの大事な部位(お○ン○ンまわり)に赤いボツボツが・・・。

かゆいのか、ナメテきれいにしています。

昨夜、見てみると赤みが強くなっていてボツボツが増えてます。

これはリーちゃん。ダメだ、かゆいでしょ?

明日の朝、病院へ行こうね。

Kyi4

『リーちゃん、あそこまわりがかゆいんだ~っ!』

わかった、わかった~!

で、今朝病院へ行って来ました。

先生曰く、よくある湿疹でした。

飲み薬か軟膏クリームで完治するらしく、リーちゃんはクリームで治療です。

Kyi1

診察時、先生が軟膏クリームをつけてくれました。

その日の午後、患部を見てみたら赤みが随分無くなっていたのでこの軟膏クリームが効いているみたいです。

リーちゃん、良かったね~!

Kyi2

『フム、フム、リーちゃん、かゆみが気にならなくなってきたよ~!』

Kyi3

『全く、リズは心配ばかりかけるんだからさ~!』

と、今朝はリズが病院だったので、静か~な自宅で一人お昼寝を満喫していた、めろんくん。

めろんくんは、ちゃんと静かに留守番していてくれるからエライね。

2007年9月 6日 (木)

新製品☆とメタボ

今夜から明日にかけて台風が近づいていますね。

その為、ぱぴぱぴの散歩も早い時間に終わらせ、こんな夜はお家で大人しくですね。

でも、冷蔵庫もほぼカラに近かったので午前中に買い物へ出かけてきました。

めろママ、買出しは主にまとめてが殆ど。今日も久しぶりの買出しです。

9月に入ったせいか、スーパーの売り場に置いてある商品も季節的に秋っぽくなっていました。

“桃”、“巨砲”は勿論、“さつまいも”、“マロン・栗”バージョンなんてお菓子が目に付きます。

最近、相方は寝酒にとワインをグラス1杯飲んでいるので、そのお供にと・・。

Tbr1_2

不二家の新商品“LOOK パフェア・ラ・モード チョコレート”を購入。

コレ、4種類のパフェ味(イチゴ・黒ゴマ・抹茶・チョコ)です。

めろママ、あまりチョコレートは好きではないのですが、たま~にふと食べたくなる時があります。

でも今回は相方用に・・・。

でも、ちょっとつまんでみたら・・・、ふうーーーんって感じでした。

めろママ的には、ノーマル“LOOK”でもどっちでもいいかも・・・。

まあ、どっちでも美味しいということで。

新製品つながりで惹かれて買ったのがコレ。

“プリングルズ グルメ グリルドシュリンプ&ガーリック”。

Tbr3

これは、美味しかったです~!

ほんの味見のつもりがあっという間に完食してしまいました。スゴイ??

おやつはもちろんお酒のおともとしてもどっちでもコイ!って感じで美味しいですね~。

こんなにお菓子類購入しても心配なのが、世間でもよく話題になっているメタボリック。

めろママも相方も超・ヤパイです。
その対策としてもうひとつ新製品で気になっていたのがコレ。

“Blendy 香るブラック”~体脂肪が気になる方に~。

Tbr2

所詮、ペットボトルのコーヒーと思いきや、コレ、コーヒーとしても香りもよく美味しいです!

我が家はコーヒー好きなんですが、暑い夏の間は“ヘルシアウォーター”飲んでましたからね~。

これかの食欲の秋に向けての飲み物はコレでもいいかも。

うんっ?リーちゃんどうしたの?

Tbr4

『えへっ、リーちゃんは新製品じゃなくても食べれるおやつなら何でも大好きだよ~!』

そうだね、リーちゃんは一年中、食欲の秋だものね。

2007年9月 2日 (日)

ぱぴぱぴ☆ハウス

今日は朝から雨でとても涼しくて過ごし易い日ですね。

最近、よくこちらへ遊びに来てくれる方々に新しくパピちゃんを迎える方が増えてます。
そう、多頭飼い仲間が増えてるってことです。
2匹目もやっぱりパピヨン。
パピヨン・ファンが増えるのも嬉しいですが、パピヨンの多頭飼いのお仲間が増えるのも嬉しい事ですよね。

そんな話を聞くと我が家もリズがやって来た頃のことをついつい思い出してしまいます。
我が家には先住犬のめろんくんが居たので、心配といえばめろんくんと仲良くしてくれるのか?
箱入り犬のめろんくんが自分への愛情が半分になって精神的に病んでしまわないか?
といろいろ思い馳せていました。

そんな事を里親さんである、ハッピーベルさんママさんに相談したり質問したりと悩みを整理しつつリズを迎えました。
今ではそのころの心配もいい思い出になっています。

さて、その頃の出来事と言えば、毎週の様なホームセンター巡り。
リズの迎え入れの準備用品の為のお買い物です。

小さなリズは、お里の家でどんな状況で生活しているか、眠っているときはベッド?どんなものを敷いている?
何て細かいことまでをハッピーベルママさんに聞いたりして・・・。なるべく新しい家で心細くない様に、お里さんのお家と同じ状況にして上げないと・・・、とか色々考えてましたが、結局、基本的にはめろんくんと同じものを用意しました。

そう、めろママ、『ごうにはいればごうにしたがおう、リズ!』と考えました。

今日はその当時の用意した“ぱぴぱぴ・ハウス”をお披露目。

Yi1

めろんくん、隣のハウスはだれの??と言う感じで興味しんしん。

右側がめろんくんのハウス。我が家のサークルはリビングにあるのでぱぴぱぴはいつも私達と同じリズムで生活しています。

この“ウッディー・サークル”、ネジひとつで色々な大きさや形に組み合わせて変更できるので、今後、2匹を一緒にしてもいいなと考えていました。

で、ベッドやクッション、生活用品の他にもう一つ買い足したのが、コレ。

Yi3

めろんくんの後ろの空気清浄機。“SHARP FU-250CX”。

アイリスオーヤマとの共同開発?で、ペット用空気清浄機として発売されて間もなかったので、どうかな~?とは思ったのですが、あまり深く考えず購入しました。

Yi4

我が家にはめろんくんが家にやってきた時から使用している、

“National EH3000LIB”というその当時話題になっていた、“ナノイー”製品の空気清浄機がありました。今でも現役ですよ。

流石に2匹のワンコになるからと、リビングに空気清浄機2台を置いて対応しています。

効果はどうなんでしょうね?

臭いが気になったらすぐにラグマットを洗ったり、ぱぴぱぴをシャンプーしてるので、果たしてこの空気清浄機って役に立っているのかはさだかではないです。

でも外出して帰って来てもさほど臭いって気にならないので、それなりに効果はあるのかもしれませんね。

感じる個人差はあると思いますが。

まあ、無いよりはいいかなと言う感じです。

最後に・・・、

Yi2

そんな心配とは関係なく、やってきてすぐに丸~いクッションにくらいつくリズ。

今でもファスナー壊れていても、中身がベローンとのぞいていてもこの丸クッション現役です。

この頃はまだ綺麗な丸いクッション・・・。リーちゃん・・・。

はあ~・・・・。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »